水換えが必要な理由はなぜ?アクアリウム初心者にオススメな方法も解説!

こんにちは、masatoです!

この度は当ブログをご閲覧くださりありがとうございます。アクアリウムを始めたばかりの皆さん、熱帯魚の調子はどうですか?上手くいってますでしょうか?

アクアリウムを上手く維持し楽しんでいくうえで、水槽の水換えは必要なことです。今回の記事では、水換えはなぜ必要なのか?その理由と方法について初心者の方にも分かりやすく解説していきたいと思います。

Sponsored Link

水槽の水換えはなぜ必要?

水槽内では生物ろ過の限界がある。

自然環境においては膨大な水量や酸素量、豊富なバクテリアが棲んでいますが、さて限られた水槽内ではどうでしょうか。

以前の記事で、好気性バクテリアの働きについてお話させていただきました。非常に有害なアンモニア→有害な亜硝酸→比較的無害な硝酸塩に変えてくれる働きがあることですね。

しかしこの硝酸塩は比較的無害という書き方をしました。比較的というのがポイントで、硝酸塩は、水槽内に蓄積すると水質を酸性に傾けていってしまい熱帯魚たちが好む水ではなくなります。また苔の発生の要因ともなるのです。

したがって、水中から蓄積していく硝酸塩を外に出してやる必要があります。そのために行うこと、それが水換えです。

嫌気性バクテリアの働きによって硝酸塩を分解する方法もありますが、これに頼るのも限界がありますし、今回は初心者の方に分かりやすく理解してもらいたいので、これは別の記事で紹介させていただきますね。

いつ水を換えるのか

熱帯魚に関する書籍では『定期的に水換えをしましょう。』等書かれていることがありますが、最初の水換えはいつするのか?については説明されていないように思います。

以前の記事で少し触れましたが、最初の水換えは水槽が立ち上がってから行いましょう。私は具体的な目安として亜硝酸濃度が0.3mg/l以下の値になってから行っています。好気性バクテリアが増えないうちに水換えしないように注意してくださいね。

初心者にオススメの水換えの方法

飼育している熱帯魚の種類や数にもよりますが、最初の水換えを終えてから、その後は1週間に1回が目安で全体量の1/3の量を換えましょう。60㎝水槽ならば全体量が約60L弱ですので約20Lですね。手順としては…

・クリーナーポンプとバケツを用意し水槽内の水を捨てる。

・カルキを抜いた水(水槽内の温度に合わせた)を用意し注水する。この時は熱帯魚が驚かないように注ぐこと。

・注水した量に合わせてバクテリア剤(私の場合はバイオ・エースを使用)を入れる。

以上です。このような方法で定期的に水換えを行うことで熱帯魚の健康の維持病気の予防水質の安定、蓄積される硝酸塩の除去をすることができます。

アクアリウムを楽しむうえでは欠かせないメンテナンス作業です。ぜひ参考にしてみてください。

水換えと同時に生物ろ過であるろ材(リング状、ボール状)は洗わないようにとよく言われていますが、これは好気性バクテリアを捨ててしまわないためです。

また物理的ろ過であるウールマット等は糞や汚れを濾しとる役目なので、目詰まりを防ぐために水換えの際に水道水でゴシゴシ洗っても大丈夫です。ウールマットは使用していくとボロボロになっていくので、月に1回を目安に新しいものに交換してください。

Sponsored Link

最後に

今回の記事では、なぜ水槽内では水換えが必要なのか、またその方法について初心者の方にも分かりやすく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?水換えの必要性や方法を理解していただいて、一緒にアクアリウムを楽しんでいきましょう!

最後までお読みくださってありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です