「もうやめにしよう」恵方巻きの大量廃棄にチラシで一石!スーパーに称賛の声が多数

皆さん節分といえば何をイメージされますか?

「鬼は~外、福は~内」の豆まきや食卓で食べる恵方巻きが定番ですね。

この恵方巻きなんですが、年々中身の具材のバリエーションが増えていますよね。

どれも美味しそうで購入する側は迷ってしまいます。

種類が増えることは良いことですが、実は陰では売れ残った商品の大量廃棄や販売のノルマが問題視されているんですね。

そこで、あるスーパーがこの問題に異議を唱えてチラシを配布したところ、消費者から称賛の声が挙がっているというのをネット上のニュースで見かけました。

内容に感銘を受けたので、ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

「もうやめにしよう」恵方巻きの大量廃棄にチラシで一石!

 

こちらが、スーパーのチラシです。「もうやめにしよう」と書いてあります。

私がネットでこのニュースを見たときは「えっ恵方巻きを作るのやめるの?」って解釈したんのですが、違いました(笑)

恵方巻きがなくなったら、国民的行事の節分が寂しいものになりますもんね。

では、何を「もうやめるのか」というと昨年の実績以上の恵方巻きを作るのをやめることでした。

きっかけは、昨年大量に廃棄された恵方巻きがSNSで話題になったことだそうです。

例えるならこのような画像でしょうか。

食べ物を廃棄するなんて非常にもったいないことですし、海外の方がこのような画像を見たらどう感じるでしょうね。

恵方巻きに限らず、売れ残った商品は従業員が買って帰るっていう職場もあるでしょうね~。

私も以前、営業の仕事をしていたのですが在庫のある商品を会社の利益のために買い取った苦い思い出があります。

売上を伸ばすことって企業として必要なことだと思うのですが、その前に人としてどう考えるかって大切なことだと思います。

資源の大切さを考えたこちらのスーパー(ヤマダストアー)の方の発想、素晴らしいですよね。

Sponsored Link

「もうやめにしよう」のスーパーに称賛の声が多数

チラシで一石を投じたスーパーのヤマダストアーには称賛の声が多数あります。

なかなか心で思っていても行動に移すのは難しいものですが、ヤマダストアーの声は確実に消費者に響きましたね。

実際に、会社にも「感心した」との電話もあったそうですよ。

目先の利益を取るのではなく正しいことを声にあげたヤマダストアーにはより信用が生まれたと思います。

これを機に、他の企業の方針も良い方向へ変わると良いですね~。

今回は、恵方巻きの大量廃棄にチラシで一石を投じたスーパーについてのお話でした。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です