平野紗季子は博報堂に勤務!フードエッセイストの兼業で年収はいくら?

“生まれながらのご飯狂い”と自称する平野紗季子さんをご存知でしょうか?

私も知らなかったのですが、画像を見ると可愛らしい方でした。

かわいいとなると気になるのが性分でして(笑)平野紗季子さんについて調べてみました。

なんと企業で働きながら、フードエッセイストでもあり5本もの連載を抱える人気の女性なんですね~。

経歴もすごくて「お金持ちなのかな~」と想像してしまいました。

働きながら、兼業で人気のフードエッセイストとくれば年収ってのも気になってしまいますね。

今回は、平野紗季子さんのお勤め先や年収について調査してみました。

Sponsored Link

平野紗季子は博報堂に勤務!

ちなみに平野紗季子さんは、このようなお顔立ちです。可愛らしいですよね。

・生年月日:1991年?月?日(27歳)

・出身地:福岡県福岡市

・学歴:慶應義塾大学法学部

・在住:東京都渋谷区

・著書:生まれたときからアルデンテ

慶應義塾大学法学部卒なんですね~(汗)なんと法学部の偏差値は70!平野紗季子さんって才女です。

10歳の頃から食日記をつけられていたそうですが、食への関心は幼き頃から強かったんですね。

さらに大学在学中には本格的にブログを書き始められ、既に雑誌で執筆したり本を出版。

私の大学時代を思い出しましたが、器が違いすぎます…執筆したのは数ヶ月死に物狂いで書いた卒論のみでしたからね(笑)

平野紗季子さんは大学卒業後の2014年、株式会社博報堂に就職されています。

資本金が358億超え、従業員数3000人オーバーの大企業ですね…

現在の職種は当時とは違うかもしれませんが、平野紗希子さんの入社時はコピーライターでした。

コピーライターってよく聞く名前ですが、具体的に説明してと言われてもよく分からないので調べてみました。

商品や企業を宣伝するため、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、テレビCM・ラジオCM・ウェブサイトやバナー広告などに使用する文章を書くことを職業とする人のこと。

引用元  Wikipedia

こちらのコピーライターに加えて、食品会社のクリエイティブも担当。

ホント食が好きじゃないとできない仕事ですよね~。

平野紗季子さんのコメントにもあったのですが、お勤めの博報堂。

「粒ぞろいより粒違い」という言葉もあるそうで個性を大切に受け入れてくれる会社なのだそうですよ。

一般的に個性が潰される会社が多いと思いますが、博報堂って素晴らしい企業ですね!

Sponsored Link

平野紗季子はフードエッセイストの兼業で年収はいくら?

大企業にお勤めでフードエッセイストも兼業されている平野紗希子さん。

気になる年収はいくらなのでしょうか。

ちなみに博報堂の年収について調べてみたら、ネット上に載っているんですね!しかも年代別に詳しく。

平野紗季子さんは現在27歳なので照らし合わせてみると…

年収+ボーナスでなんと1000万ですっ。

うらやましいですね(笑)

彼女の場合、エッセイスト(随筆家)も兼業なので加えて収入が発生しますね。

主に休日に執筆されているそうですが、現在『an an』『SPRING』を始め5本もの雑誌で掲載中です。

エッセイストの契約金について調べてみましたが残念ながら分かりませんでした…

しかしながら有名雑誌に掲載されていますから、ある程度の契約金はあると思います。

おまけに『生まれたときからアルデンテ』という本も出版されていますよね。

https://twitter.com/yukamasuda/status/886917178263351296?s=09

こちらの本、評判が良いんですよね~。

どれくらい売れてるのかは分かりませんが、売れれば印税が発生しますからフードエッセイストの仕事だけでも、ある程度の収入が予想されます。

正確には分かりませんが、平野紗季子さんの年収は1500万以上あるのではないでしょうか?

あくまでも推測なので違っていたら申し訳ありません。

渋谷にお住まいとのことなので、高級マンションに住んでいるイメージが似合いますね。

今回は、平野紗季子さんについてのお話でした。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です