石井アナ「獣のような滑り」のインタビューが話題?【動画も】発言に賛否両論の声が多数!

平昌五輪、スピードスケート女子500mで見事金メダルを獲得した小平奈緒選手。

プレッシャーがかかる中、オリンピックレコード素晴らしい滑りでした。

競技後にライバルのイ・サンファ選手と互いに讃え合う姿は感動的でしたね~。

そんな中、水を差した?といっては語弊があるかもしれませんが、レース後のインタビューが話題になっているようです。

それは、TBSの石井アナが小平奈緒選手に「獣のような滑りでした」と言ったことです。

この発言賛否両論の声がありますので、今回ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

石井アナ「獣のような滑り」のインタビューが話題?【動画も】

こちらが、小平奈緒選手にインタビューされたTBSの石井大祐アナウンサーです。

『あさチャン!』のスポーツキャスターとして出演。

プロ野球やテニス、駅伝などの実況をされています。

少し石井アナについて調べてみたんですけど、テニスが得意で東京都のジュニアテニス大会で優勝。

松岡修造さんのキャンプ(国内男子有望ジュニア選手を対象)に参加し、あの錦織圭選手も憧れる存在だったそうです。

以前には、錦織圭選手やプロ野球のドラフトなどで感動し泣いてしまったこともあるとか。

熱い人です。さすがは松岡修造さんの門下生であります。

さて、話題になっている小平奈緒選手のインタビュー動画がこちらです。

確かに言ってますね。「獣のような滑り」

小平奈緒選手は苦笑いしながら「獣かどうか分からないですけど…」と答えています。

苦笑いしていることから、小平選手にとってはあまり嬉しくない表現だったかもしれません。

Sponsored Link

石井アナ「獣のような滑り」の発言に賛否両論の声が多数!

石井アナの「獣のような滑り」という発言について賛否両論のような声がありますので、みてみましょう。

なかなか厳しい声がありますね~。

熱い人だから感情が入りすぎてしまったんでしょうか。

一方でこのような声もありました。

古閑美保さんの発言、個人的には一理あると思いますね。

極限まで自分を追い込んで、鍛えて世界でトップに立つアスリートってやっぱり何かが違うと思うんです。

余談になりますが、私はコミックの「はじめの一歩」が好きなんですけど(笑)

古閑さんのコメントから、コミックに出てくる世界王者の鷹村の「ここから先は人間が入ってきていい領域じゃない」という名言が頭に浮かびました。

しかしながら、石井アナの「獣のような」という発言はあまりよろしくなかったかもしれませんね。

もう少し表現を変えるとか、冷静に対応しないといけないと思います。

まぁ、それだけ小平奈緒選手の滑りに興奮されたんでしょうけどね。

石井アナウンサーも厳しい声もあるでしょうが、この声を受け止めて今後の実況やインタビューに活かしてほしいですね。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です