谷岡郁子学長(レスリング協会副会長)の会見が威圧的?ひどいや失礼の声も!

相撲協会だけでなく、レスリング協会も荒れていますね~。

オリンピックで4連覇を成し遂げたレスリング女子の伊調馨さんが、パワハラを受けたとされる告発状が内閣府に出されたことが問題となり、連日メディアで取り上げられています。

そんな中、2018年3月15日に記者会見を行ったのが至学館大学の谷岡郁子学長です。

私も会見をテレビで見ていたのですが、発言に疑問を抱く内容で威圧的な印象を受けました。

視聴者からも「ひどい」や「失礼との声もあるようです。

今回は、谷岡郁子学長の会見についてみていきたいと思います。

Sponsored Link

谷岡郁子学長(レスリング協会副会長)の会見が威圧的?

こちらが3月15日に記者会見を行った至学館大学の谷岡郁子学長です。

レスリング協会の副会長でもあるんですね。

皆さんもご存知かと思いますが、発端は冒頭にもふれた伊調馨さんが受けたとされるパワハラ問題。

パワハラをしたと言われているのがレスリング協会の栄和人強化本部長で、至学館大学のレスリング部の監督でもあります。

谷岡郁子学長が会見を行ったのは、栄監督に対する報道が事実と異なること。

そして学生やレスリング部員が誹謗中傷されていることが理由として挙げられています。

「学生やレスリング部員を守る」ということは一理あると思うのですが、あまりにも谷岡郁子学長が捲したてるような口調で威圧的に感じました。

後ほど述べますが、「えっ?」と耳を疑うような谷岡郁子学長の発言がありました。

Sponsored Link

谷岡郁子学長(レスリング協会副会長)の会見にひどいや失礼との声も!

個人的にも気になった谷岡郁子学長の会見での発言です。

まず栄監督に対して「チームの道場は彼個人のものではない。私が『使わせる』と言えば伊調馨さんは使うことができる」

その程度のパワーしかない人間なんです。栄和人は。」

そして伊調馨さんに対しては「そもそも伊調さん、選手なんですか?」と。

この発言こそ、まさにパワハラに近いような気がしますけど…

伊調馨さんは現役続行するのか明確にはなっていませんが、レスリング協会の副会長を務めておられる方なら、このような発言は控えていただきたいと思います。

ひどいや伊調馨さんに失礼との声が多かったですね。

この度の谷岡郁子学長の会見により、なんだかレスリング協会への不信感が深まった気がしてしまいますが…

いずれにしても、伊調馨さんに配慮ある言動をとっていただきたく思います。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です