高畑勲監督に訃報…死因は?ファンから「ショック」や「残念」など哀しみの声が多数

映画『火垂るの墓』をはじめ日本のアニメーション界の巨匠、高畑勲監督が死去されました。

突然の訃報には驚きました。ご冥福をお祈りいたします。

死因は何だったのでしょうか?

ファンの方からは「ショック」や「残念」など哀しみの声があがっています。

Sponsored Link

高畑勲監督に訃報…死因は?

こちら高畑勲監督。

関係者によると、2018年4月5日東京都内の病院で亡くなられたそうです。

享年82歳。

高畑勲監督といえば、『アルプスの少女ハイジ』『赤毛のアン』やジブリ映画『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』などの作品が有名で、宮崎駿監督と並ぶアニメーション界の巨匠でしたね。

高畑勲監督の作品で私が印象に残っているのは『火垂るの墓』です。

戦時中、親を亡くした兄妹が混乱の中必死で生き抜こうとするも、思い叶わず亡くなるシーンはとても切なく幼き頃にテレビで見て涙したものです。

82歳で亡くなった高畑勲監督。

死因は何だったのでしょうか?

ネット上のニュースによると、高畑勲監督は2017年の夏頃より体調を崩されて入退院を繰り返されていたそうです。

死因については現在明らかにされてはいませんが、心臓が悪かったとの情報もあります。

こちらの情報からの推測ですが、高畑勲監督の死因は心不全や心筋梗塞、あるいは肺炎などが考えられますね。

数々のヒット作品を生み出した高畑勲監督の訃報、とても残念です。

Sponsored Link

高畑勲監督に訃報…ファンから「ショック」や「残念」など哀しみの声が多数

先ほどもお伝えした高畑勲監督の訃報。

ファンの方から「ショック」や「残念」など哀しみの声があがっています。

高畑勲監督の作品を見て育った方はたくさんいらっしゃると思います。

私もその一人ですが、こちらの方々の声と同じくショックですし、残念な気持ちでいっぱいです。

幅広い年代から支持された高畑勲監督の作品。

我が家の子供たちも『平成狸合戦ぽんぽこ』がとても大好きで何度も見ています。

感動や愛情、笑いなどを見るものに与えてくれた高畑勲監督、本当にありがとうございました。

改めて心よりご冥福をお祈りいたします。

今回は、高畑勲監督の訃報についてのお話でした。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です