藤浪晋太郎の乱調に最後通告?イップスを「克服してほしい」との励ましの声も!

2012年ドラフト1位指名で阪神タイガースに入団した藤浪晋太郎投手。

プロ1年目から3年連続二桁勝利をあげましたが、ここ数年苦しんでいます。

2018年4月6日の中日戦でも突然の乱調

交代を余儀なくされ、ネット上のニュースによると最後通告とも報じています。

藤浪晋太郎投手はイップスなのではとの説もありますが、ファンからは「克服してほしい」との励ましの声もあります。

Sponsored Link

藤浪晋太郎の乱調に最後通告?

197㎝の長身から繰り出される最速160㎞のストレートが魅力で、プロ1年目から二桁勝利をあげた藤浪晋太郎投手。

将来の阪神タイガースを牽引する選手として期待されていましたが、ここ数年は制球難に苦しんでいます。

復活を期した2018年。

4月6日の中日戦でも大暴投、バント処理の悪送球、四球と突然の大乱調となり5回で降板。

金本監督も「突然そうなる。読めない」「全員バントされたら、全部ヒット」、次回の起用について問われると「うーん、どうだろうね」と言葉を濁すコメント。

首脳陣も頭を悩ませている様子ですね~。

ネット上のニュースの見出しは最後通告ともありましたが、次戦の藤浪晋太郎投手の登板が鍵をにぎりそうです。

Sponsored Link

藤浪晋太郎のイップスを「克服してほしい」との励ましの声も!

先ほども藤浪晋太郎投手の大暴投の画像を載せましたが、藤浪投手はイップスではないかともいわれています。

このイップスとの言葉ですが

精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のこと。

引用元 Wikipedia

現メジャーリーガーのイチロー選手も高校時代に投手を務めていましたがイップスに悩まされたそうです。

藤浪晋太郎投手のイップスの原因については、また別の機会に書かせていただきますね(本当にイップスかは分かりませんが)

制球難に苦しんでいる藤浪晋太郎投手には励ましの声もあります。

https://twitter.com/baseballsm6/status/982266353330487300?s=09

こちらにあるように「克服してほしい」との声。

あれほどのストレートを投げられる投手はそういません。

私も一野球ファンとして藤浪晋太郎投手の復活に期待してします。

今回は、阪神タイガースの藤浪晋太郎投手についてのお話でした。

野次などもあるかと思いますが、応援してる方はたくさんいます。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です