相撲協会に潜む闇とは?…日馬富士の不祥事問題でより明確になった!

こんにちは、masatoです!

この度は当ブログをご閲覧くださりありがとうございます。元横綱 日馬富士による不祥事問題により、連日のように相撲協会の話題が多くのニュースやメディアで取り上げられていますね。このままでは日本の国技である大相撲人気への影響が懸念されます。

今回の記事では、相撲協会に潜む闇ついてお話していきたいと思います。

Sponsored Link

相撲協会に潜む闇とは?

相撲協会

正式名称は『公益財団法人日本相撲協会』で、本場所・地方巡業の興行から収入を得ており、その収入から力士たちに給与を支給しているんですね。相撲競技の指導・普及、相撲に関する伝統文化の普及を目的としているそうです。

よく相撲道という言葉を耳にしますが、少し調べてみました。

・人としての品格

・礼儀作法

・勝負の潔さ

・厳正さと公平さの徹底

・番付の格は人としての品格に通じる

等。相撲に関する伝統文化の普及=相撲道の普及とも解釈してもいいと思います。ただ相撲道に反する不祥事も過去に起きています…

過去に起きた不祥事

・八百長疑惑報道

・時津風部屋力士暴行死事件

・現役力士の大麻

・野球賭博

・朝青龍の意味深な引退

結構ありますね。相撲協会って全く指導できていませんね…

相撲協会に潜む闇

相撲協会に潜む闇とは、起こった不祥事を『隠蔽すること』『穏便に済まそうとする』ことだと思います。これこそ、相撲道に反していませんか?

相撲道に精進してきた元力士の方々が理事長や理事となっている相撲協会ですが、これほど残念なことはありません。

もともと相撲界は、上下関係が厳しく稽古において“しごき”も当然あると思います。相撲部屋もどちらかといえば隠蔽しやすい閉鎖的な環境にあるんじゃないでしょうか?

日馬富士の不祥事問題で相撲協会の闇がより明確に

元横綱 日馬富士は地方巡業中、貴ノ岩(貴乃花部屋)に対して暴力をふるい怪我を負わせ鳥取県警によって書類送検され、責任をとって引退しました。

相撲協会は、今回の騒動が傷害事件にまでなっているのに、なぜ日馬富士を解雇しなかったのでしょうか?一般の会社員なら解雇になるのが当然だと思います。なるべく騒動を大きくさせたくない、早く騒動をおさめたいがために解雇ではなく引退を勧めたのではないでしょうか。

また相撲協会を通さず、貴乃花親方が警察に被害届を提出したことで相撲協会は大慌てしたことでしょう。協会を通していればマスコミに取り上げられることもなく穏便に済ますことができたはずです。どこの会社にも暗黙の了解やルールは存在しますからね。

ただ、それでは相撲協会の体質は変わらないと思いますし、今回の騒動を通してが改善されることを願います。

Sponsored Link

最後に

今回の記事では、相撲協会の闇についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

相撲道に精進してきた方々で成り立っている相撲協会だからこそ闇がなくなってほしいですし、相撲ファンを裏切ることはしてほしくないですね。また相撲協会のみならず一般社会の闇(暗黙の了解やルール)もなくなってほしいものです(笑)最後までお読みくださってありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です