内田正人(日大アメフト)監督は辞任?コメントに重い処分を求める声も!

すでにご覧になられた方も多いと思いますが、日大アメフトのラフプレーは酷かったですね。

悪質極まりない行為はニュースでも取り上げられ波紋を呼んでいます。

おまけに内田正人(日大アメフト)監督コメントは耳を疑うものでした。

謝罪の言葉もありませんでしたし、指導者としていかがなものでしょうか?

今後どのような処分があるのか気になるところであります。

Sponsored Link

内田正人(日大アメフト)監督は辞任?

先ずは問題となっている日大アメフトの動画を見てみましょう。

何度見てもこれは酷いです。

悪質なタックルをしたのは日大アメフトの宮川泰介という選手らしいですね。

タックルを受けた相手の関西学院大学の選手は全治3週間の怪我ということでしたが、足の痺れがあり精密検査を受けたそうです。

3週間の怪我で済んだのが幸いですが、場合によっては半身不随や命に関わるラフプレーだったと思います。

無防備な選手に背後からタックルとは…

アメフトは激しいスポーツですがボールを持っていない選手へのタックルは反則です。

なお悪質なタックルをした宮川泰介選手は、この後2回もラフプレーを繰り返しています。

動画を見ても意図的にやったとしか見えません。

これを受けて関西学院大学側は日大アメフトの部長、監督宛てに抗議の文書を提出しています。

日大アメフトを率いているのが内田正人監督です。

何でも日大アメフトのラフプレーはこの内田正人監督の指示によるものと言われていますね。

試合後のコメントについては後述しますが、これが本当なら指導者としてあるべき姿ではないですよね。

関西学院大学側から抗議文があったにも関わらず、謝罪もありません。

おまけに関東学生連盟に、当面指揮を自粛すると連絡があったとのこと。

これだけ日大アメフトのラフプレーが波紋をよんでいますし、内田正人監督は辞任する可能性は高いと思われます。

自粛の前にまずは謝罪が先だと思うのですが…

Sponsored Link

内田正人(日大アメフト)監督のコメントに重い処分を求める声も!

さて日大アメフトの内田正人監督ですが、関西学院大学との試合後のコメントも問題視されています。

コメントは以下のとおり。

力がないから厳しくプレッシャーをかけている。

待ちでなく、攻めて戦わないと。選手も必死。

あれぐらいやっていかないと勝てない。

やらせている私の責任。

何とも驚くコメントです。

あれぐらいやっていかないとって相手の選手は負傷していますよ。

おまけに命にも関わる悪質なタックルをあれぐらいって…

勝負にこだわるのは分かりますが、勝つためには手段を選ばないという考えはおかしいと思います。

内田正人監督のコメントに重い処分を求める声もあがっています。

ご覧のように重い処分を求める声、怒りの声があがっていますね。

内田正人監督のコメントが真意ならば指導者失格だと思いますし、アメフト界にいるべきではないですよね。

スポーツ庁長官の鈴木大地氏もこの度の騒動に容認できないと憤りをみせていましたからね。

内田正人監督に関してはこちらでも記事を書いています。

ご興味がありましたらご覧になってください。

内田正人監督のコメントが酷すぎる!ラフプレー容認も雲隠れする理由は?

来月にかけて日大アメフトは3試合の中止が決まっていますが、今後内田正人監督にどのような処分が下るのか注目したいところです。

今回のニュースは、私もスポーツをやっていた人間なのでとても残念でなりません。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です