日大アメフト コーチ陣の脅しが酷い…選手らの声明文にも影響か?

物議を醸している日大のアメフト問題。

ついに関東学連(関東学生アメリカンフットボール連盟)より処分が下されましたね。

日大の内田正人前監督および井上奨前コーチについては「除名」となりました。

報道されてきた経緯をみると、今回の処分は妥当かもしれません。

そんな中、日大アメフト部の選手らが声明文を発表しました。

しかしながら、コーチ陣から脅しがあったようなんです。

これが事実なら本当に酷いことですよね。

選手らの声明文にも影響を与えたのでしょうか?

Sponsored Link

日大アメフト コーチ陣の脅しが酷い…

冒頭にもふれましたが、関東学連はこの度の日大アメフトの反則行為に対して処分を下しました。

内田正人前監督および井上奨前コーチは永久追放に相当する「除名」

森ヘッドコーチは「資格はく奪」、そして宮川泰介選手と日大アメフト部は2018年のシーズン終了まで公式試合の出場資格停止となっています。

そのような中、5月29日に日大アメフト部の選手一同が声明文を発表しました。

内容は、一連の騒動についての謝罪や宮川選手の復帰を願うものでした。

これで事態は終息するのかと思っていましたが、またも問題が…

それは選手たちが声明文を作成するミーティングの場に、日大アメフトのコーチ陣が弁護士を連れて参加。

そして「声明文を出したら自分たちの首をしめることになるぞ」と発言したのだとか。

さらには6時間にわたり選手たちを監視していたそうです。

これが事実ならば、れっきとした脅しです。

選手に圧力をかけるなんて酷いですよね。

今まで問題視されてきたパワハラを全く理解されていないように思います。

Sponsored Link

日大アメフト コーチ陣の脅しが選手らの声明文にも影響か?

日大アメフト部の選手が発表した声明文。

ふたを開けてみると内容は、当たり障りのないものでした。

まずは、内田前監督および井上前コーチからの反則の指示があったことが記されていないこと。

そして、コーチ陣の一掃が求められていません。

本来ならば選手たちは内部の声を声明文として発表したかったはずです。

今回の当たり障りのない声明文は日大アメフトのコーチ陣の脅し、または圧力が影響しているものと思われます。

こちらの方のツイートにもありますが、変えていくべきなら内部の声を届けてほしかったところです。

しかし実際には監督やコーチの命令は絶対だったでしょうから、体質を変えていくことは容易ではないのでしょうね。

過ちを認め純粋にアメフトをしたい選手も多いはず。

1日も早く体質が改善され、日大アメフト部の選手たちが気持ちよく試合ができる日が来ることを望んでいます。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です