審判を殴ったバスケの留学生は誰?【顔画像も】処分や延岡学園の今後が気になる!

日大アメフトのラフプレーは大問題になったのは記憶に新しいですよね。

またもスポーツ界で、あってはならない事態が起こりました。

それはバスケットボールの全九州高校大会で、延岡学園の留学生選手が審判を殴ったというもの。

留学生とはいえ高校生が審判を殴るというのは前代未聞です。

審判を殴った留学生は誰なんでしょうか?

処分や延岡学園の今後も気になります。

Sponsored Link

審判を殴ったバスケの留学生は誰?【顔画像も】

事態が起きたのは、2018年6月17日。

長崎県大村市内で行われた全九州高校大会の男子準決勝。

延岡学園のバスケの留学生が試合中に審判を殴ってしまいました。

その動画はこちらです。

すでにニュースでご覧になられた方もおられると思いますが、これはマズいですね…

ファウルを取られたことに激怒し、このような行為に及びました。

会場内は騒然です。

留学生とはいえ高校生が審判を殴るなんて聞いたことがありません。

審判を殴った留学生は誰なんでしょうか?

さすがに未成年とあって名前など分からないだろうと思いましたが、調べたところありました。

名前ペティ・ヴァカ・エルビス選手、15歳。

コンゴ共和国からの留学生ですね。

何と204㎝の長身!

この体格から暴行をはたらいては相手は大怪我してしまいます。

下手をすれば命にも関わるかもしれませんね。

殴られた審判は、倒れ動けず担架で運ばれました。

その後、怪我の程度が分かりましたが口の中を10針縫うケガをしています。

情報によると、留学生のエルビス選手は日本語が話せず練習も休みがち。

「国に帰りたい」と話していたそうです。

かなりのストレスが溜まっていたのでしょうか?

Sponsored Link

審判を殴ったバスケの留学生の処分や延岡学園の今後が気になる!

高校生が審判を殴るという前代未聞の事態により、没収試合となり延岡学園は敗れています。

宮崎県バスケットボール協会の北郷会長によると「言語道断、あってはならないことであり誠に遺憾。監督、選手に事情聴取の上、高校体育連盟と連携し、判断する」とのこと。

審判を殴った留学生の処分や今後の延岡学園のバスケ部はどうなるのか気になりますね。

すでに延岡学園の監督と留学生選手は、警察からの事情聴取を受けていて審判に謝罪したとのこと。

現在、被害にあった審判も被害届は出さない方向だそうですね。

被害届が出されなければ、傷害事件として立件されることもないですが延岡学園で留学を続けるのは難しいでしょうね。

退学に近い処分が下されるのではないでしょうか。

一方、留学生選手が所属する延岡学園。

これまでに多くのプロのバスケットボール選手も輩出している強豪校。

今年の夏のインターハイの出場も決まっていますが、今後どうなるのでしょう?

日大アメフト部のように対外試合の禁止という重い処分が下されるかもしれませんね。

今後の高校体育連盟の動向に注目ですね。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です