カバジェロの半端なプレーが話題に!【動画も】経歴についてもチェック!

日本の勝利で盛り上がっているサッカーのW杯。

コロンビア戦の試合は素晴らしかったですね!

さて、今大会では初戦から強豪国が負けるなど波乱が起きています。

アルゼンチンもまさかの敗戦でしたもんね。

そんなアルゼンチンの守護神であるGKのカバジェロ選手、半端なプレーが話題になっています。

今回は、カバジェロ選手の半端なプレー動画や経歴についてチェックしてみたいと思います。

Sponsored Link

カバジェロの半端なプレーが話題に!【動画も】

こちらアルゼンチンの守護神であるGKのカバジェロ選手。

2018年6月21日に行われたW杯ロシア大会の予選リーグのクロアチア戦で、カバジェロ選手は半端なプレーをしてしまいました。

その動画はこちらです。

後半8分、ゴール前で味方からパスを受けたカバジェロ選手。

クリアしようと思ったのか、パスを出そうと思ったのか蹴ったボールは勢いなく中途半端にもクロアチアのレビッジ選手の前へ…

そのままボレーシュートを決められクロアチアに先制点を許してしまいました。

まさに凡ミスでアルゼンチンサポーターならずとも、天を仰いでしまいそうな出来事でした。

思い切りロングパスをしてれば…とも思ってしまいますが、何とも半端なプレー。

日本vsコロンビア戦で決勝点を決めた大迫選手の「大迫半端ないって」という言葉は話題になりましたが、カバジェロ選手のプレーも「半端な」とネット上で話題になっていますね。

皮肉にも「大迫半端ないって」の言葉が使われてしまいました。

試合はアルゼンチンが0-3でまさかの敗戦でした。

ただカバジェロ選手の半端なプレーだけが、敗因ではありません。

メッシが仕事できる内容ではなかったですしね。

ミスはこの1回だけでしたし、誰しもミスすることはありますからね。

Sponsored Link

カバジェロの経歴についてもチェック!

半端なプレーが取り上げられているカバジェロ選手。

経歴についてもチェックしてみましょう。

ウィルフレード・カバジェロ。

アルゼンチンのエントレ・リオス州出身のサッカー選手。

2001年よりアルゼンチンU-20代表入り。

FIFAワールドユース選手権では、準決勝・決勝とゴールを守り優勝に貢献しています。

アテネオリンピックでアルゼンチンは金メダルを獲得していますが、この時は控えで出場機会はありませんでした。

2014年からプレミアリーグのマンチェスター・シティFCに所属し22試合に出場。

2017年からはチェルシーに移籍しています。

日本経済新聞の方のツイートにもありますが、カバジェロ選手は決して下手な選手ではないですね。

何よりプレミアリーグでプレーしていますし、トップレベルの経験がありますからね。

次の試合で挽回してほしいと思います。

今回は、アルゼンチンのGKのカバジェロ選手についてのお話でした。

日本戦ももちろんですが、世界が注目するW杯。

どんな試合が観られるかワクワクしますね。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です