フェアプレーポイントで日本の試合がつまらない?決勝T進出も皮肉の声…

決勝TをかけたW杯のロシア大会。

日本はポーランドに敗れましたが、フェアプレーポイントで決勝T進出を決めました。

W杯で日本が決勝Tに進むのは2大会ぶりのこと。

とりあえずは良かったですね。

フェアプレーポイントで決勝T進出が決まったんですが、「試合がつまらない」との皮肉の声がありましたね。

Sponsored Link

フェアプレーポイントで日本の試合がつまらない?

決勝Tをかけた予選リーグ第3戦。

日本はポーランドと対戦しました。

決勝TN進出の条件は、日本がポーランドに引き分け以上。またはセネガルがコロンビアに敗れる(その場合は得失点差)

前半から緊迫した展開でしたね~。

後半13分、ポーランドに先制点を許してしまいます。

勢いは、そのままポーランドへ。

他会場で行われていたセネガルvsコロンビアでもノースコアの状態でしたし、日本の予選リーグ敗退が濃厚へ。

「何とか同点に追いついて」と願ってたサポーターも多いと思います。

しかし終盤に転機が。

セネガルがコロンビアに失点を許したとの情報が入りました。

この時点で日本とセネガルは得失点差、そして総得点でも並びました。

こういった状況では、これまでのイエローカードの枚数が反映されるフェアプレーポイントが適用されるんですね。

ちなみに、日本の方がセネガルよりイエローカードが2枚少なかったんです。

このまま両方の試合が終われば、日本はフェアプレーポイントで決勝TN進出が決まります。

当然ながら日本ベンチにも情報が入り、指示が出たのでしょう。

ここから日本は無理をせず、攻撃をやめ時間を稼ぐようにパスを回し始めます。

そのため、ツイッター上では以下のような声が。

パス回しになったため、日本の試合がつまらないとの声です。

確かに時間稼ぎになってしまうと、観ていてもつまらないと思ってしまいますよね。

会場内でもブーイング起きてましたからね。

個人的には最後まで点を取りにいく選手の姿が見たかったですけどね…

まぁ、決勝T進出のための作戦なので致し方ないでしょう。

ポーランドも空気を読んで、攻めてきませんでしたね。

私もセネガルが追いつくんじゃないかと気がかりで、チャンネルを変えました(汗)

Sponsored Link

フェアプレーポイントで日本が決勝T進出も皮肉の声が…

フェアプレーポイントの差で決勝T進出が決まった日本。

2大会ぶりの進出ということで、おめでたいニュースなんですが皮肉の声がありますね。

フェアプレーポイントのためにフェアじゃないプレーという皮肉

感じ方は色々あって賛否両論あるとは思いますが、難しいところですね。

ただ格上のコロンビアも撃破、セネガルとも引き分けた日本の試合は素晴らしかったと思います。

皮肉の声があったとしても、決勝Tで日本の試合が観れるわけですからね。

皮肉にもフェアプレーポイントが話題になってしまいましたけど、決勝Tでも日本を応援しましょうね。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です