日本のスタメン漏洩したマスコミはどこ?憤りの声が多数!情報管理に問題は?

盛り上がっているW杯ロシア大会。

しかし日本のスタメンが漏洩したことが、問題視されていますね。

選手からは苦言、ファンからは憤りの声が多数あがっています。

スタメンを漏洩したマスコミはどこなんでしょうか?

情報が漏れたのは残念ですが、それにしてもチームの情報管理には問題はなかったんでしょうかね~。

Sponsored Link

日本のスタメン漏洩したマスコミはどこ?憤りの声が多数!

2018年6月28日に行われたW杯ロシア大会の日本vsポーランド。

予選リーグの第1、2戦と日本のスタメン6人が変わったのは驚きでしたね。

決勝トーナメントを見据えた西野監督の采配と思いましたが、試合の前日にはスタメン予想がメディアでも取り上げられていましたね。

メディアで報じられたものとポーランド戦のスタメンは一致。

これって情報が漏洩したってことですよね。

選手からは苦言ですね。

こちらは、本田圭祐選手のツイートです。

さらに長友佑都選手からは、以下のコメントが。

どこから漏れたか分からないが、一緒に戦う日本人として選手全員が残念な気持ちになった。

そういった情報が漏れると命取りになりかねない。

確かにそうですよね。

大幅なスタメン変更、相手チームに知られては直ぐに対策を練られてしまいます。

では、スタメン漏洩したマスコミはどこなんでしょう?

ネット上で調べてみると、

スタメン漏洩したマスコミは、日刊スポーツとサンケイですね。

このスタメン漏洩したことに対して、憤りの声が多数あります。

https://twitter.com/pukapuka_manbo_/status/1012882987967438849?=09

マスコミも情報を伝えるのが仕事ですけど、分別ある報道が大切ですよね。

一生懸命戦っている監督をはじめ選手たちを残念がらせる報道は避けていただきたいものです。

Sponsored Link

日本のスタメン漏洩 情報管理に問題は?

さて残念ながらポーランド戦を前に日本のスタメンが漏洩してしまったのですが、非公開の前日練習にも関わらず、なぜ漏れてしまったのでしょう。

JFAの情報管理に問題はなかったのか気になりますよね。

協会側がまだマスコミに抗議していないことから、内部の人間が情報を漏らしたのでは?という疑念も生まれてしまいます。

もしも内部の人間が漏らしたのであれば大問題ですよね。

現在、以下のような情報があります。

なんと「侵入した記者」がいると…

情報管理を徹底するためには、非公開にするのはもちろんですが報道陣を完全にシャットアウトして、練習会場に立ち入れないようにセキュリティ対策すべきですね。

次の決勝トーナメントのベルギー戦では、今回のようなスタメン漏洩がないことを願っています。

選手たちに気持ちよくプレーしてほしいですからね。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です