桂歌丸の死因や患っていた病気は何?告別式の会場はどこでいつ行われる?

悲しいニュースが入ってきました。

笑点でお馴染みだった落語家の桂歌丸さんがお亡くなりになりました。

3年ほど前より体調を崩されていて、体重は激減。

テレビで見た姿は痛々しいものでしたね。

心よりご冥福申し上げます。

お亡くなりになった桂歌丸さんですが、死因は何だったのでしょうか?

患われていた病気も気になりますね。

告別式の会場はどこでいつ行われるのでしょうか?。

Sponsored Link

桂歌丸の死因や患っていた病気は何?

こちら桂歌丸さん。本名は椎名巌(しいないわお)さん。

体調を崩されて以来、本当に痩せたれて鼻には酸素吸入のチューブが…

「大丈夫かな?」と心配していましたが、2018年7月2日の午前11時43分、横浜市内の病院でお亡くなりになりました。

81歳でした。

死因は慢性閉塞性肺疾患(COPD)だそうです。

慢性閉塞性肺疾患とは、たばこの煙に含まれる有害物質に長期間さらされることにより肺が持続的な炎症を起こし、呼吸機能が低下した状態とのこと。

桂歌丸さんも酸素吸入されていたので苦しかったでしょうね。

原因のほとんどが喫煙といわれています。

ちなみに桂歌丸さんは、長年(50年)にわたるヘビースモーカーだったそうですね。

情報によると1日60~70本吸っていたとも言われています。

ちょっとどころじゃないくらいの本数ですね。

2009年には肺気腫で入院、慢性閉塞性肺疾患との診断がくだっています。

体調不良にて入退院を繰り返していた桂歌丸さん。

晩年は、肺炎や呼吸器不全、腸閉塞などの病気も患っていたそうですね。

さて桂歌丸さんといえば、やはりなんといっても『笑点』です。

失礼ながら、歌丸さんがいじられているシーンは観ていてとても面白かったですね。

涙が出るほどテレビを観て笑ったのを覚えています。

特に林家木久扇さんとの絡みは最高でしたね。

2006年からは『笑点』の5代目司会者を10年間務められました。

大喜利メンバーとしても司会者としても活躍されましたね。

2018年6月29日には重篤な肺炎を患うも、奇跡的な回復を見せ8月の国立演芸場への出演に意欲を見せていたそうですが…

様態が急変されたのでしょうね。

もう桂歌丸さんの姿を見ることができないと思うと、残念でなりません。

私たち視聴者にとってもそうですが、『笑点』のメンバーの皆さんは悲しみでいっぱいでしょうね。

Sponsored Link

桂歌丸の告別式の会場はどこでいつ行われる?

残念ながらお亡くなりになられた桂歌丸さん。

告別式の会場はどこでいつ行われるのでしょうか?

現在分かっている情報によると、桂歌丸さんの告別式(通夜・葬儀)は近親者で営まれるとのこと。

場所や日時につきましては不明です。

ただお別れの会は行われるようですね。

桂歌丸さんのお別れの会は、2018年7月11日午後2時より横浜市港北区菊名2-1-5、妙蓮寺で執り行われる予定です。

今回は、お亡くなりになられた桂歌丸さんについてのお話でした。

改めて心よりご冥福申し上げます。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です