角居勝彦調教師が逮捕で引退か?処分や厩舎解散の可能性についても気になる!

競馬ファンの方には残念なニュースがありましたね。

多くの名馬を管理してきた角居勝彦調教師が逮捕されました…

逮捕容疑は何と酒気帯び運転だそうですね。

真面目な方だと思っていただけに、とても残念です。

角居勝彦調教師は2021年で引退を決めていましたが、逮捕とあっては早まりそうですね。

JRAからの処分や厩舎解散の可能性についても気になります。

Sponsored Link

角居勝彦調教師が逮捕で引退か?

こちらがJRA栗東所属の角居勝彦調教師。

ご存知の方も多いと思いますが、シーザリオ・カネヒキリ・ウォッカなど多くの名馬を管理してきた調教師です。

最多賞金獲得調教師賞や最多勝利調教師賞を何度も獲得されています。

しかし、輝かしい成績に自ら泥を塗ることになった今回の逮捕

逮捕容疑は2018年7月6日午前0時5分頃、滋賀県草津市西渋川1丁目の市道で酒気を帯びた状態で運転した疑い。

おまけに事故を起こしていて、酒気帯び運転が発覚したそうです。

角居勝彦調教師は現行犯逮捕されました。

真面目そうな方で引退馬の支援活動もされています。

とても酒気帯び運転なんてしそうにないイメージがあったので残念です。

競馬ファンの方からも残念との声が…

角居勝彦調教師は天理教の仕事を継ぐため、2021年に調教師を優待し厩舎を解散することを明かしていました。

しかしながらこの度の酒気帯び運転による逮捕です。

ちなみに酒気帯び運転の罰則を見てみると、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」「免許取消」ですが、

馬主を始め多くの競馬関係者の信頼を裏切ってしまいましたから、このまま引退となるかもしれませんね。

Sponsored Link

角居勝彦調教師が逮捕!処分や厩舎解散の可能性についても気になる!

残念ながら酒気帯び運転で逮捕された角居勝彦調教師。

JRAからの処分や厩舎解散の可能性はあるのか気になりますね。

先ほど所属しているJRAから発表がありました。

本会の調教師として重大な非行があったものと認められるため、日本中央競馬会施行第148条第2項により本事案について裁定委員会に送付するとともに同条第4項により7月6日(金曜)から裁定委員会の議定があるまで同調教師による馬の調教を中止することとしましたのでお知らせいたします。

引用元 www.jra.go.jp

現在分かっている角居勝彦調教師の処分は、競走馬の調教停止

また角居厩舎には、78頭の管理馬がいますが一時的に中竹和也調教師の元へ転厩となるそうです。

今後の裁定委員会の議定が気になりますが、もしかすると調教師免許剥奪という重い処分が下されるかもしれませんね。

厩舎解散についても可能性は高いと思われます。

軽はずみな行動で、多くの人に迷惑をかけてしまいましたね。

角居厩舎の調教助手や厩務員の方もかわいそうですね。

裁定委員会の議定に注目したいところです。

今回は、酒気帯び運転で逮捕された角居勝彦調教師についてのお話でした。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です