ミライトワとソメイティの名前がダサいと話題に…決めたのは誰?選考方法に疑問の声も!【東京五輪2020】

東京五輪まであと2年ですね~。

まだ先のような気がして実感がわきませんが(汗)

でも2年っていう歳月は過ぎてみれば、あっという間なんでしょうね。

さて、そんな東京五輪2020を盛り上げるマスコットキャラクターの名前が決まりました。

審査会委員の中川翔子さんは「日本らしくて素敵」とコメントされていますが、ネット上ではダサいと話題になっています…

決めたのは誰なんでしょうね?

選考方法に疑問の声もあるようですよ。

Sponsored Link

ミライトワとソメイティの名前がダサいと話題に…

2018年7月22日、東京五輪のマスコットの名前が決まりました。

ご存知の方も多いと思いますが、名前は「ミライトワ」「ソメイティ」です。

市松模様を基調とした五輪マスコット(画像左)がミライトワ。

ピンク色のパラリンピックのマスコット(画像右)がソメイティですね。

ちなみに名前の由来をみてみると、ミライトワが「未来」と「永遠」を合わせたもので、素晴らしい未来が永遠に続くようにという願いが込められているそう。

また、ソメイティは日本を代表する桜のソメイヨシノと英語の「so mighty(非常に力強い)」という意味があるそうです。

うーん…ネーミングどうなんでしょう(汗)

個人的には、もう少し「和」っぽい名前が良かったぁと思いました。

さて、この度の東京五輪のマスコットの名前ですが、ネット上ではダサいと話題になっていますね…

ちょっとネット上の声をあげてみましょう。

もはや、やり直しにはならないと思いますが(笑)

ご覧のようにミライトワとソメイティの名前がダサいという声が多いんですよね~。

ちょっと呼びにくい名前かもしれませんね。

単純に「ミライ」と「トワ」だけでも良かったのかも(汗)

Sponsored Link

ミライトワとソメイティの名前を決めたのは誰?選考方法に疑問の声も!【東京五輪2020】

残念ながら東京五輪のマスコットの名前、ダサいという声が多かったんですが決めたのは誰なんでしょうね?

どうやら東京五輪組織委員会が委託した業者から提案された30の案から絞り込まれたようで、

名前を決めたのは、2020年東京五輪・パラリンピックマスコット審査会メンバーの方々のようです。

詳しくはこちら

冒頭にもふれましたが、中川翔子さんもマスコット審査会メンバーの一人ですね。

まぁ中川翔子の意見で決まった訳ではないでしょうが…

東京五輪のマスコットの名前の選考方法に疑問の声もあるようですよ。

確かに東京五輪のマスコットは小学生投票で採用されましたもんね。

名前も小学生に決めてもらえば、もっと違った名前も出てきたかもしれませんね~。

日本国民が注目するであろう東京五輪、マスコットの名前も一般公募という選考方法もあっても良かったかなと思います。

今回は、ミライトワとソメイティの東京五輪2020のマスコットの名前についてのネット上の声をまとめてみました。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です