メドベージェワの浴衣姿でするべきことって何?体型変化と関係あるのかチェック!

平昌オリンピックの女子フュギュアスケートで銀メダルを獲得したメドベージェワ選手。

かわいいルックスで日本でも人気がありますよね~。

ザギトワ選手と甲乙つけがたいですね(笑)

そんなメドベージェワ選手ですが、自身のインスタグラムで浴衣姿を披露したことが話題になりました。

しかしメドベージェワ選手の関連ワードとして、「浴衣姿 するべき」とあるんですよ。

するべきことって何なんでしょう(汗)

ちょっと気になりますね。

体型変化についてもネット上で書かれていますが、何か関係があるのでしょうか?

Sponsored Link

メドベージェワの浴衣姿でするべきことって何?

今さら感はありますが、まずはメドベージェワ選手のプロフィールを見てみましょう。

・生年月日 1999年11月19日(18歳)

・出身国  ロシア

・身長   159㎝

引用元 Wikipedia

平昌オリンピックの女子フュギュアスケートで銀メダルを獲得したのは記憶に新しいですよね。

女子シングル競技でのフリー、およびトータルスコアの世界歴代最高得点の記録保持者。

かわいいルックスで日本でも人気がありますよね。

メドベージェワ選手は、日本のアニメをモチーフにしたおもちゃや宮崎駿監督の映画が好きとのこと。

また「セーラームーン」のファンでもあり、アイスショーではセーラームーンのコスプレで演技したのも印象に残っています。

ザギトワ選手とならんで大の親日家なんですね。

そんなメドベージェワ選手、先日自身のインスタグラムで浴衣姿を披露したことが話題になりました。

https://www.instagram.com/p/Bk__7VKB3-2/?hl=ja

後ろ姿ですが、艶やかですね~。

こちらは本田真凛さんとのツーショット画像。

浴衣姿、とても似合っていてかわいいですね。

インスタグラムには日本だけではなく、海外のファンからもたくさんのコメントが寄せられていました。

さてメドベージェワ選手の「浴衣姿 するべき」という謎の関連ワードについてです。

いったい浴衣姿でするべきことって何なんでしょうか?

気になったので色々と調べてみましたが…

浴衣姿でするべきことって何なのか全く分かりませんでした(汗)

なぜ「浴衣姿 するべき」という関連ワードが生まれたのか本当に謎です…

Sponsored Link

メドベージェワの浴衣姿でするべきことって体型変化と関係あるのかチェック!

さてメドベージェワが浴衣姿でするべきこと、全く分からなかったんですが…

体型変化についてもネット上では書かれていますので関係あるのかチェックしてみたいと思います。

フュギュアスケートの女子選手といえば、体型の変化が成績を左右すると言われていますね。

身長が伸びることで、それまで跳べていたジャンプが跳べなくなったり。

あの浅田真央さんも身長が伸びたことで、スランプに陥ったとも言われました。

メドベージェワ選手も2016年は絶好調でしたが、2017年よりジャンプのミスなど少し不調に。

ロステレコム杯、NHK杯でも転倒などのミスが相次ぎました。

しかしながら、2018年の平昌オリンピックでは世界最高得点を記録。

ザギトワ選手の台頭もあり銀メダルに終わりましたが、体型変化への対応がうまくいったのでしょうか。

ちなみにメドベージェワ選手の体型変化について画像で見てみると

こちらが2016年の画像。

こちらが2018年の平昌オリンピックの時の画像です。

画像を比較してみても、そこまで体型変化はないですね。

少し腕の筋肉がついた印象ですが。

もしかしたら、メドベージェワ選手のするべきことって体型の維持のことかもしれませんね。

ただ浴衣姿とは関係はないようです(汗)

今回はメドベージェワ選手の浴衣姿でするべきことって何なのかについて見てきました。

結局真相は分かりませんでしたけど、これからもメドベージェワ選手には活躍してもらいたいですね。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です