野村佑希(花咲徳栄)の二刀流がすごい!出身シニアやスカウトの評価も気になる!

現在行われている夏の甲子園。

今年は第100回大会ということで、レジェンド始球式があったりと盛り上がっていますね。

高校球児の一生懸命なプレーは観ていてとても清々しいです。

「何人プロへ行くのかな?」と思いながら試合を観るのもおもしろいですね。

今回ご紹介するのは、花咲徳栄の野村佑希選手。

投げるだけでなく打つ方も、まさに二刀流がすごい選手ですね。

出身シニアやスカウトの評価も気になるところです。

Sponsored Link

野村佑希(花咲徳栄)の二刀流がすごい!

こちらが花咲徳栄の野村佑希選手。

花咲徳栄といえば昨年の夏の甲子園の覇者ですね。

史上7校目となる夏連覇に挑みます。

まずは、野村佑希選手のプロフィールを見てみましょう。

・生年月日 2000年6月26日

・出身地  群馬県伊勢崎市

・身長   185㎝

・体重   87㎏

出身地が群馬県ですが、生まれは米国ミシガン州ハウエルなんですね。

父の仕事の関係で1歳半までアメリカで過ごしています。

ちなみにミドルネームはジェームス。

小学2年生から野球を始めた野村佑希選手。

境西剛志小学校→堺西中学校卒業後、花咲徳栄へ進学しています。

なんと1年生からレギュラーに抜擢。

昨年の夏の甲子園では2年生ながら4番バッターとして2本塁打を記録し、優勝に貢献しましたね。

さて野村佑希選手は二刀流がすごい選手です。

動画もありますので、ご覧ください。

高いフェンスに阻まれましたが、あわや本塁打というバッティング。

逆方向へあれだけ打てる選手はそういません。

高校通算本塁打はここまで56本を記録。

投げる方でも最高球速は146㎞/h

おまけにコントロールも良いですね~。

地方大会ではエースとして防御率1.16、30奪三振。

二刀流といえばメジャーリーグの大谷翔平選手が浮かびますが、大谷翔平選手も高校通算本塁打は56本。

野村佑希選手も並んでいますね。

打者としては長距離砲、投手としては速いストレートとコントロールの良さ。

野村佑希選手の二刀流、すごいです。

Sponsored Link

野村佑希(花咲徳栄)の出身シニアやスカウトの評価も気になる!

さて花咲徳栄の野村佑希選手、出身シニアはどこだったのでしょうか?

中学校は先ほどもお伝えしましたが、堺西です。

通常は通う中学校の野球部に所属することが多いですが、野村佑希選手は太田市リトルシニアに所属しています。

太田市リトルシニアは群馬県で活動している中学硬式野球チーム。

小学校から野球が上手な選手は、ボーイズやリトルシニアから声がかかると言われています。

野村佑希選手も幼少期より上手かったんでしょうね!

現在、花咲徳栄で活躍している野村佑希選手。

2018年のドラフト候補の一人と言われています。

昨年の夏の甲子園後には、野村佑希選手は「巨人の坂本2世」とも言われているようです。

スカウトからの評価も気になるので調べてみると

少なくとも巨人・中日・阪神・広島・ソフトバンク・楽天の6球団が野村佑希選手を高評価しています。

「ホームランバッターの資質を持っている」

「二刀流でもいける」

等、各球団が評価しています。

いや~先々楽しみですね。

今回は花咲徳栄の野村佑希選手についてのお話でした。

まずは甲子園でどのような活躍が観られるのか楽しみです。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です