西純矢(創志学園)はイケメンで投球もすごい!【動画も】帽子がなぜ落ちるのか気になる!

夏の甲子園大会が盛り上がっていますが、創志学園の西純矢選手が話題になっていますね!

前評判も高かったですが、1回戦で創成館相手に16奪三振を記録。

テレビで試合を観ていたんですけど、ストレートも速いしスライダーの切れも良くてすごい投手です。

イケメンなので2回戦以降も注目ですね。

おまけにまだ2年生ということで脱帽です…

脱帽と関連しますが(笑)西純矢選手は投球もすごいですけど、投げるたびによく帽子を落としてましたね。

気になった方も多いのではないでしょうか?

なぜ帽子が落ちるのか調べてみました。

Sponsored Link

西純矢(創志学園)はイケメンで投球もすごい!【動画も】

こちら創志学園の西純矢選手。

まだ2年生ながらエースです。

まずは西純矢選手のプロフィールを見てみましょう。

・生年月日 2001年9月13日

・出身地  広島県廿日市市

・身長   184㎝

・体重   79㎏

・投打   右投右打

鈴が峰小学校2年から野球を始めた西純矢選手。

阿品台中学校時代には「ヤングひろしま」でプレーし、2年生の夏の全国大会では優勝。

3年時には「NOMO JAPAN」の代表入りもしています。

「NOMO JAPAN」の総監督といえば、元メジャーリーガーの野茂英雄さんです。

岡山県の創志学園に進学後は、1年生でベンチ入り。

U-18の日本代表候補にも選ばれています。

前評判も高かったですが、先日の甲子園大会1回戦の投球はすごかったですね!

春の選抜ベスト8の創成館相手に毎回の16奪三振、無四球の完封でした。

ちなみに2年生にしてこの記録は史上初とのことです。

ここで西純矢選手の投球動画もご覧ください。

ストレートも速いですし、スライダーのキレもすごいですよね。

創成館との試合では球速は147㎞/hをマーク。

岡山大会では150㎞/hも出たそうで、まだ伸びしろがありそうです。

コントロールも良いですし、このまま故障なくいけば来年のドラフト候補でしょう。

ネット上でも「すごい」との声があがっていますね。

また、西純矢選手はイケメンなんですよね~。

大阪桐蔭の藤原選手もイケメンですけど、西純矢選手も人気急上昇していますね。

Sponsored Link

西純矢(創志学園)の帽子がなぜ落ちるのか気になる!

創成館相手に圧巻の投球を見せた創志学園の西純矢選手。

テレビを観ていて気になったのは投球のたびに帽子が落ちていました。

試合を観ていた方も気になったようで…

賛否両論ありますね。

ネット上の情報によると1回戦で西純矢選手が帽子を落とした回数は52回だとか(笑)

これだけ落ちるとさすがに気になってしまいますね(汗)

なぜこんなにも帽子が落ちるのでしょうか?

考えられる理由としては

西純矢選手の「迫力のある投球フォーム」

ただ単純に「サイズが合っていない」「被りが浅い」

などが挙げられるかと思います。

Yahoo!知恵袋によると「帽子と頭との摩擦力が投球動作の慣性力に負け、引力によって落ちる」との回答もありました。

ちなみに岡山大会でも西純矢選手は帽子をよく落としていたそうなんで、サイズが合っていないとは考えにくいですね。

なぜ帽子が落ちるのか誰かマスコミの方、西純矢選手に聞いてもらいたいですね~。

いずれにしても西純矢選手は、すごい逸材です。

2回戦以降も活躍が楽しみですよね。

今回は創志学園のエースの西純矢選手についてのお話でした。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です