甲子園でガッツポーズ禁止なのはなぜ?賛否両論の声が多数!審判の注意で選手への影響は?

第100回記念大会の夏の甲子園。

一生懸命プレーする高校球児の姿に日々感動しています。

1回戦を観て「すごい投手だなぁ」と思ったのが、創志学園の西純矢選手。

テレビからでも気迫が伝わってきます。

そんな西純矢選手ですけど、2回戦で審判から「ガッツポーズしないように」と注意を受けたそうです。

なぜ甲子園でガッツポーズは禁止なんでしょうか?

この件はネット上で物議を醸しているようで、賛否両論の声が多数あがっています。

今回は高校野球の規定などもチェックしてみたいと思います。

Sponsored Link

甲子園でガッツポーズ禁止なのはなぜ?賛否両論の声が多数!

ネット上で物議を醸しているのが、甲子園でのガッツポーズ禁止。

その対象となったのが、創志学園の2年生エースの西純矢選手です。

西純矢選手は1回戦から相手打線を抑えると、このガッツポーズ。

気迫が感じられましたよね。

2回戦の下関国際ー創志学園の試合で、初回に審判から西純矢選手に対して「必要以上にガッツポーズしないように」と注意が。

結構強めに言われたそうです。

そもそも甲子園でガッツポーズ禁止なのはなぜなんでしょうか?

そこで高野連の規定を見てみると、高校野球・周知徹底事項のマナーの欄に

喜びを誇示する派手な「ガッツポーズ」などは、相手チームへの不敬・侮辱につながりかねないので慎む

とあるんですね。

この件には賛否両論の声が多数あって

「見ていて不快」「相手へのリスペクトは必要」という声。

一方では

「見ていてかっこいい」「個性を潰さないで」という声があります。

賛否両論ありますが、相手打者に面と向かってガッツポーズしている訳ではないです。

個人的には気持ちを全面に出す西純矢選手のような投手は好きですけどね。

決して相手チームを侮辱しているつもりはないと思います。

Sponsored Link

甲子園でガッツポーズ 審判の注意で選手への影響は?

審判が西純矢選手に注意したのは初回が終わってからのこと。

2回以降、西純矢選手は制球を乱してしまいました。

相手打者を抑えてガッツポーズ。

それが西純矢選手の投球スタイルなので、必要以上にガッツポーズしないよう審判から注意を受けたことで少なからず心理面で影響はあったと思われます。

周知徹底事項に記載されているので、致し方ないかもしれません。

ただなぜ初回だったのか(汗)

注意するなら、2回戦が始まる前に学校を通してとかじゃいけなかったんでしょうか?

残念ながら負けてしまった創志学園。

西純矢選手は悔しい思いをしたことでしょう。

まだ2年生ですし、本当に素晴らしい投手です。

精神的にもたくましくなって、また来年の甲子園で姿を見たいものですね。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です