山本祐大の処分が甘いと話題に!不祥事も試合出場可能な理由はなぜ?

プロ野球、横浜DNAベイスターズの山本祐大選手。

8月19日にはプロ初打席初本塁打を放ち「チームを勝たせられる正捕手になりたい」とコメントしていました。

しかしこの度、未成年飲酒が発覚。

球団からは厳重注意と外出禁止という処分が下されました。

ネット上では処分が甘いと話題になっています。

不祥事を起こしたにも関わらず、試合出場が可能な理由はなぜなんでしょうか?

Sponsored Link

山本祐大の処分が甘いと話題に!

こちら横浜DNAベイスターズの山本祐大選手。

少し山本祐大選手のプロフィールを少し見てみましょう。

・生年月日  1998年9月11日(19歳)→記事執筆時

・出身地   大阪府大阪市

・身長    178㎝

・体重    78㎏

・投打    右投右打

・ポジション 捕手

引用元 Wikipedia

京都翔英高校卒業後、滋賀ユナイテッドベースボールクラブに入団。

強肩が持ち味で2017年のドラフト会議で横浜DNAベイスターズに9位指名されました。

プロフィールに生年月日を書いていますが、山本祐大選手はまだ19歳。

2018年8月28日に一般人から球団に寄せられたメールで未成年飲酒が発覚しました。

あともう少しで20歳なのに…

成人して飲もうと思えばいくらでも飲めるのにもったいないですね。

そして球団から山本祐大選手に下された処分というのが、厳重注意と今季の外出禁止というもの。

驚いたことに外出禁止とありますが、練習や試合には出場できるそうです。

これを受けネット上には

外出禁止という処分が甘いと話題になっています。

未成年者飲酒禁止法という法律に違反していますね。

刑事処分はありませんが、飲酒を知りながら制止しなかった関係者には罰金が課せられます。

ちょっと自覚が足りないですし、山本祐大選手の処分は甘いものと思われます。

厳しいかもしれませんが、期限付きの試合出場停止の処分はあっていいのではないでしょうか。

球団関係者を裏切る行為であり、ファンの方を失望させていますからね。

Sponsored Link

山本祐大が不祥事も試合出場可能な理由はなぜ?

未成年飲酒という不祥事を起こした山本祐大選手。

先ほどもお伝えしましたが、球団からは外出禁止という処分のみでした。

試合出場は可能とのことですが、寛大ですよね?

なぜ不祥事を起こしたにも関わらず試合出場が可能なのか理由が気になります。

ちなみに最近不祥事を起こした未成年のプロ野球選手を見てみると、西武ライオンズの今井達也選手がいます。

今井選手は未成年者喫煙が発覚し、2018年2月7日~4月30日まで対外試合出場とユニフォーム着用禁止という処分が下っています。

山本祐大選手は試合出場可能で、今井選手は対外試合出場禁止。

この差は何なのでしょうか?

これはおそらく球団方針の差と思われます。

西武ライオンズより横浜DNAベイスターズの球団の方が寛大ということでしょう。

寛大な処分で終わった山本祐大選手ですが、しっかり反省してほしいですね。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です