台風21号(2018)は大阪直撃か?交通機関への影響や被害予想も気になる!

非常に強い台風21号が日本列島に接近しています。

2018年に発生した台風の中でも最大級のもので、気象庁も注意を呼びかけていますね。

西よりに進路を変え、このままだと9月4日には大阪を直撃しそうです。

四国や近畿地方に記録的な大雨をもたらした前回の台風20号と似たコースで、勢力も強いことから交通機関への影響や被害予想も気になるところです。

Sponsored Link

台風21号(2018)は大阪直撃か?

まずは2018年9月2日12時現在の台風21号の情報です。

・名称     チェービー

・強さ     非常に強い

・中心気圧   935hPa

・速さ     20㎞/h

・最大風速   中心付近で50m/s

・最大瞬間風速 70m/s

引用元 typhoon.yahoo.jp

非常に強い勢力を保ったまま日本列島に接近中。

最大瞬間風速が70m/sというのも、とても怖いですね。

続いて最新の進路予想です。

気象庁によると、

西よりに進路を変えて北上し9月4日に四国か近畿、東海付近に接近、上陸するおそれがある。接近・上陸時は暴風や高波、大雨が予想される。

台風21号だけでなく停滞している秋雨前線の影響も気になりますね。

日本気象協会が発表している情報によると、9月4日午後から9月5日9時にかけて大阪市が暴風域に入る確率は43%となっています。

また進路の右側は一般的に風が強いと言われていますし、台風21号は大阪を直撃する可能性はきわめて高いと思われますね。

Sponsored Link

台風21号(2018)大阪の交通機関への影響や被害予想も気になる!

台風21号は2018年9月4日には、日本列島に上陸する見込みです。

気になるのが交通機関への影響や被害予想ですね。

前回の台風20号では、接近に伴いJR西日本は20時に終電という対応がとられました。

大阪駅は大混雑になっていましたね。

台風21号も20号に似たコースと言われていますので、時間帯によってはJRだけでなく近鉄・阪急・京阪など全線運休になる場合もあるかと思います。

関西国際空港でも離発着便に大きな影響が出そうです。

続いて被害予想です。

台風21号は9月2日現在の中心気圧が935hPa。

過去に甚大な被害をもたらした第二室戸台風、伊勢湾台風に近い勢力で接近しています。

当時よりも日本の建築技術や緊急エリアメールなど情報も普及しているとはいえ最大級の警戒は必要です。

土砂災害も心配されますので、速やかな避難や不要不急の外出は避けるなど心がけたいですね。

甚大な被害が起こらないことを願います。

最後までお読みくださってありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です