セリーナ・ウィリアムズの試合が見苦しいと話題に!審判に激怒した理由はなぜ?

大坂なおみ選手がやってくれましたね!

テニスの全米オープンで見事優勝。

日本人初となる4大大会制覇はまさに快挙です。

決勝をご覧になった方はご存知かと思いますが、対する女王セリーナ・ウィリアムズは審判に激怒したりと試合中苛立っていました。

ネット上では見苦しいと話題になっていますね…

審判に激怒した理由はなぜなんでしょうか?

Sponsored Link

セリーナ・ウィリアムズの試合が見苦しいと話題に!

セリーナ・ウィリアムズはアメリカのプロテニス選手。

グランドスラムを4大会連続優勝や獲得賞金も女子プロスポーツ選手の中でも1位と、まさにテニス界の女王。

テニスに詳しくない人でも名前は耳にしたことがあると思います。

全米オープンで大坂なおみ選手が対戦するとあって、試合に注目が集まっていました。

しかし、

https://twitter.com/kisuke719/status/1038541120123203585?=09

ご覧のように、セリーナ・ウィリアムズの試合が見苦しいと話題になっています。

海外の方の反応も「見苦しい」とのこと。

試合中セリーナ・ウィリアムズに何があったのかをみてみると、

第2セットで客席のコーチがコーチングを受け警告。

これで苛立ったのか、

これは酷いですね…

テニスではラケットを投げつける行為は警告が取られます。

さらに執拗に審判に抗議し、ゲームペナルティも取られました。

結局、集中力を欠いたセリーナ・ウィリアムズを大坂なおみ選手が破りました。

しかしセリーナ・ウィリアムズの試合中のこれらの行為は良くないですね。

プロテニス選手に憧れる子供たちも観てるでしょうから、ラケットを投げつけることなどはしてほしくないです。

見苦しいとの声があがっても致し方ないと思います。

Sponsored Link

セリーナ・ウィリアムズが審判に激怒した理由はなぜ?

こちらは審判に抗議するセリーナ・ウィリアムズの動画です。

まさに激怒していますね。

ラケットを投げつけたり、執拗な審判への抗議はペナルティを取られることは分かっているはず。

にもかかわらず、セリーナ・ウィリアムズはなぜここまで審判に激怒したのでしょうか?

その理由を考えてみると、

大坂なおみ選手に実力で押され追い詰められていた。

劣勢なのを審判のせいにしたかったのではないでしょうか。

全米オープンが開催されているのはセリーナ・ウィリアムズの地元アメリカですしね。

表彰式では大坂なおみ選手へのブーイングを静める場面があり、これは素晴らしかったですが、試合は何だか後味の悪いものでした。

次回、対戦するときは気持ちの良いプレーが観たいですよね。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です