樹木希林のガン治療法は鹿児島でどんな医療?最期は自宅で看取られる

個性派女優として活躍された樹木希林さん。

この度、お亡くなりになられました。

心よりお悔やみ申し上げます。

樹木希林さんは全身にガンが転移しているにも関わらず、元気に芸能活動を続けられました。

ガンの治療法は鹿児島にあるとネット上に書かれています。

どんな医療なのか調べてみたいと思います。

Sponsored Link

樹木希林のガンの治療法は鹿児島でどんな医療?

・生年月日 1943年1月15日

・本名   悠木千帆

・出身地  東京都千代田区

・血液型  A型

・配偶者  内田裕也

・家族   内田也哉子、本木雅弘、内田伽羅

引用元 Wikipedia

数々の映画、ドラマ、CMで活躍された樹木希林さん。

個性派女優として多くの人に親しまれていましたね。

個人的には「フジカラー」のCMが印象的でした。

75歳でお亡くなりになられた樹木希林さんですが、2005年に乳ガンが判明。

摘出手術を受けられましたが、2013年に全身ガンであることを発表されました。

しかし、その後も元気に芸能活動を続けられているんですよね。

おまけに治療は2014年に終わったことを公表されています。

亡くなる2ヶ月前まで仕事をこなされていることに驚きです。

なぜ全身にガンが転移しているにも関わらず、元気に過ごされたのでしょうか?

それは「ガンの治療法」「鹿児島」にあると言われています。

これはどういうことなのか調べてみると、

鹿児島県にあるUMSオンコロジークリニックで樹木希林さんはガンの治療を受けられたそうです。

こちらの病院は、ニュースキャスターの故筑紫哲也さんも治療を受けたと言われています。

どんな医療が行われているのか、樹木希林さんはどんな治療法を受けられたのでしょうか。

それは四次元ピンポイント放射線治療というものでした。

ガンの治療といえばステージにもよると思いますが、摘出手術や抗がん剤などが一般的かと思います。

抗がん剤治療を受けると副作用も酷く、日常生活を送ることが難しくなりますよね。

樹木希林さんは、仕事をしながら元気に生活するということを目標に放射線治療を選択されたんですね。

一概には言えませんが、鹿児島県でガンの治療を受けたことで元気に仕事ができたのでしょう。

Sponsored Link

樹木希林 最期は自宅で看取られる

2018年9月15日にお亡くなりになられた樹木希林さん。

最近は病院や施設で最期を迎えられることが多いですが、樹木希林さんは自宅で家族に看取られて息を引き取ったそうです。

これも樹木希林さんの意思だったんでしょうね。

こちらの方のツイートにもありますが、最期まで自分の人生を生き抜いた樹木希林さん。

美しい最期だったと思います。

今回は樹木希林さんについてのお話でした。

改めてお悔やみ申し上げます。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です