江草仁貴(竹下佳江の旦那)が経営するデイサービスの場所はどこ?年収についても気になる!

元プロ野球選手の江草仁貴さん。

野球に興味のある方は名前はご存知かと思います。

元女子バレーボールの名セッター、竹下佳江さんの旦那さんです。

2017年には現役を引退した江草仁貴さんですが、現在は実業家として活躍されているとか。

実はデイサービスを経営されているようなんですね。

今回は江草仁貴さんが経営するデイサービスの場所や、年収についてもみていきたいと思います。

Sponsored Link

江草仁貴(竹下佳江の旦那)が経営するデイサービスの場所は?

こちらが元プロ野球選手の江草仁貴(えぐさひろたか)さん。

・生年月日 1980年9月3日(38歳)→記事執筆時

・出身地  広島県福山市

・身長   178㎝

・体重   83㎏

・学歴   専修大学

引用元   Wikipedia

2002年にドラフト会議で自由枠制度で阪神タイガースより指名を受け入団。

先発からロングリリーフまでこなす左投手で、

日曜日の登板が多かったため「サンデー江草」とも呼ばれていました。

2012年に西武ライオンズに、翌2014年には広島東洋カープに移籍。

阪神時代は22勝をあげましたが、移籍後の勝ち星はなく2017年に現役を引退しました。

2012年8月に結婚した江草仁貴さんですが、

お相手は女子バレーボールの名セッターだった竹下佳江さんです。

ロンドン五輪で銅メダルを獲得した直後の結婚発表だったため、驚きでしたね。

竹下佳江さんの旦那となった江草仁貴さんは実は再婚でした。

離婚から再婚までの期間が短いため「略奪婚」なんていう噂もありましたが…

この件については機会がありましたら別の記事で述べたいと思います。

さて現役を引退した江草仁貴さん。

2018年より阪神電気通信大学野球部のコーチに就任されています。

元プロ野球選手が指導者になるというのはよくある話です。

しかしその一方でデイサービスを経営されていることが分かりました。

ちょっと意外な感じがしますが、現役時代より介護の仕事に関心があったようなんですね。

経営されているデイサービスの場所はどこなのか調べてみると、

広島市中区住吉町8-16 MTビル1階。

施設名は、「介護事業所・リハビリ型デイサービス レコードブック広島住吉町」です。

江草仁貴さんは、株式会社キアンの代表取締役として、

介護事業や健康サプリメントの販売などに携わっています。

確か長野五輪の金メダリストの清水宏保さんも介護事業を経営されていたかと。

高齢化がどんどん進んでいますが、

介護の仕事に関心を持たれるだけでなく、事業を起こした江草仁貴さんは素晴らしいですね。

Sponsored Link

江草仁貴(竹下佳江の旦那)の年収についても気になる!

現在、実業家として活躍されている竹下佳江さんの旦那である江草仁貴さん。

株式会社キアンの取締役社長ということもあって年収についても気になりますね。

どれくらいの年収なんでしょうか?

介護事業経営者の年収相場は、500万円~1000万円と言われています。

事業によっては3000万円を超える経営者もいるとか。

江草仁貴さんは、介護事業だけでなく大学野球部のコーチも務められています。

また妻の竹下佳江さんもバレーボールのクラブチーム「ヴィクトリーナ姫路」監督です。

おまけにバレーボール中継の解説者も務められていますよね。

まぁ解説のギャラは高くないかもしれませんが…

江草家でみると、年収は2000万円~3000万円はあるかもしれませんね。

今回は元プロ野球選手の江草仁貴さんについてのお話でした。

今後もご夫婦での活躍を期待しています。

先ほども少しふれましたが、竹下佳江さんと江草仁貴さんとの結婚は略奪婚という噂。

その噂について真相に迫ってみましたので、ご興味がありましたら、

ぜひ下の記事もご覧になってみてくださいね。

竹下佳江の旦那 江草仁貴との結婚は略奪婚?元嫁の小田晃子との離婚理由が気になる!

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です