ワグネリアンの次走はジャパンカップ?【天皇賞(秋)回避】なぜ天栄に放牧なのか気になる!

10月28日の天皇賞(秋)に出走予定だったワグネリアン回避することが発表されました。

マカヒキ、レイデオロに続いて3世代に渡るダービー馬対決が見れなくなりました…

落馬負傷していた福永騎手とのコンビ復活も楽しみだっただけに残念ですね。

次走はジャパンカップなんでしょうか?

また放牧に出されるとのことなんですが、ノーザファームしがらきではなく、

なぜか天栄なんですよね。

ちょっと気になるところです。

Sponsored Link

ワグネリアンの次走はジャパンカップ?【天皇賞(秋)回避】

ワグネリアンといえば、今年のダービー馬。

皐月賞の敗戦で評価を落としていましたが、

福永騎手に悲願のダービー制覇をもたらしたのは記憶に新しいですよね。

放牧明けの神戸新聞杯では人気に応え勝利。

天皇賞(秋)への出走予定となっていましたが、ここへ来て回避が発表されました。

管理する友道調教師によると、

「疲れが抜けきらず本調子ではない。今回は大事を取って」とコメント。

3世代に渡るダービー馬対決が見れなくなりました。

本当に残念ですが、故障ではないのが幸いです。

天皇賞(秋)回避ということで、気になるのが次走のレースですよね。

次走については明言されてはいませんが、

ファンの間では「ジャパンカップに出てほしい」というのが本音です。

次走はジャパンカップか年末の有馬記念のどちらかになると思いますが、

ワグネリアンにとっては、中山の2500mよりも府中の2400mの方が適正はあるはずです。

陣営にとってもコース適正は熟知しているでしょう。

ジャパンカップは、11月25日に行われます。

まだ1ヶ月と少しありますよね。

状態が最優先なので一概には言えませんが、

大事を取っての天皇賞(秋)回避なら、次走はジャパンカップになるのではないかと思われます。

※追記です。11月19日現在ですが、ジャパンカップの出馬表にワグネリアンの名前がありませんね…調整不足なのか詳細が分かりませんがジャパンカップ出走はなくなりました。

Sponsored Link

ワグネリアンはなぜ天栄に放牧なのか気になる!

残念ながら天皇賞(秋)回避となったワグネリアン。

放牧に出されるとのことですが、放牧先はノーザンファーム天栄だそうです。

なぜ、しがらきではなく天栄なのか?

ちょっと引っかかるというか、気になるんですよね。

天栄は福島県岩瀬郡天栄村に所在し、主に関東馬の入厩前の調整やリフレッシュを行っていて、

一方しがらきは滋賀県甲賀市信楽に所在。

主に関西馬の入厩前の調整やリフレッシュを行っているんです。

ワグネリアンは競馬に詳しい方ならご存知のとおり関西馬です。

なぜわざわざ天栄まで連れて行くのか調べたところ、

ワグネリアンはダービーを勝利した後、天栄に放牧に出されていたんですね。

夏の間、順調に過ごしていたとのことなので、

この度の天栄への放牧も、夏と同じ環境で休養させるためと思われます。

ジャパンカップか有馬記念、どちらに出てくるか今は分かりませんが、

しっかり疲れをとって戻ってきてほしいですね。

今回は2018年のダービー馬、ワグネリアンについてのお話でした。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です