沢田研二のファンがかわいそう…公演中止の理由に「酷い」の声が多数!

ジュリーこと歌手の沢田研二さんの公演中止が話題になっていますね。

当初は「契約上の問題のため」ということでしたが、

公演中止の理由がヤバすぎます。

これではあまりにもファンがかわいそうです…

さすがに批判の声が多数あがっていますね。

Sponsored Link

沢田研二のファンがかわいそう…

今話題となっている沢田研二さん。

というか現在はこちらのお姿なんですね(汗)

1960年代後半のグループ・サウンズ全盛期のスーパースターとして活躍。

ザ・タイガース解散後もソロとして活動し1982~1991年の9年間もの間、

シングルの総売上1239万枚という驚異の記録を持ち、大人気の歌手です。

ジュリーの面影はないですが、まぁこれには触れずにおきましょう…

沢田研二さんは全国ツアーの最中でしたが、

さいたまスーパーアリーナで開催予定だった公演を急遽、中止したことが話題になっていますね。

会場入りしていたファンもいる中での中止。

ファンの方も残念だったことでしょう。

「契約上の問題が発生したため」というのが当初の公演中止の理由でしたが、

10月18日になって沢田研二さんが取材に応じられたようです。

以下ご本人のコメントです。

「(観客の数が)当初9000人と聞いていたが7000人しか入っていなかった。また、リハーサルの時点でモニターを見た時に、客席もつぶしてあって『なんだこれは』となって。最終的に中止は自分で決定した」

引用元 headlines.yahoo.co.jp

いや~これはヤバいんじゃないでしょうか…

こちらのツイートにもありますが、あまりにもファンがかわいそうです。

チケットの払い戻しが行われるそうですが、

ファンはチケット代だけではないですよね。

遠方のファンは交通費だけでなく宿泊代もかかっていますからね。

仕事を休んで計画を立てた人もいるでしょう。

何よりファンは歌う沢田研二さんの姿を見たかったはずです。

天災や体調不良での中止なら分かりますがファンの気持ちを考えると、

かわいそうという言葉以外見つからないですね。

Sponsored Link

沢田研二の公演中止の理由に「酷い」の声が多数!

先ほど沢田研二さんの公演中止の理由について記載しましたが、

「客席が埋まらなかったから」という自己中心的なものです。

やはり批判の声が多数あがっていますね。

少し見てみますと、

いくら昭和のスターといえども、これは酷い。

100人200人じゃないんでしょ?7000人もファンが集まったんでしょ?

自分の事しか考えてない。

ファンがいて成り立つのに、ファンの事を全く考えてない。ひどい!

 

沢田研二の思うように集客できなかったからドタキャンってひどいね。

中止にするんならもっと早く決断すればよかったのに…

満員の会場で気持ちよく歌わせてくれないなら歌わないとかそんな感じ??

「酷い」という声がほとんどでしたね。

いくらスターでもやってはいけない対応ってあると思うんですよね。

おそらくプライドが許さなかったんでしょうけど…

聞きたくなかった公演中止の理由でしたね。

代替公演などが行われればいいんですけどね。

公演中止の理由について取材に応じた沢田研二さんですが、

なんだか違った方向で話題となっていますね。

それは沢田研二さんとカーネル・サンダースが似てるというものでした。

本当にそっくりなんですよね!

比較画像などもこちらで紹介していますので、

ご興味がありましたら下の記事もご覧になってみてくださいね。

沢田研二がカーネル・サンダースに似てると話題に!比較画像で共通点をチェック!

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です