中川圭太(東洋大)の母親の嘘とは何?PL学園時代のエピソードもチェック!

いよいよ運命のドラフト会議が始まりますね。

2018年は甲子園を沸かせた、

根尾昴選手や吉田輝星投手らの高校生に注目が集まっていますが、

大学生や社会人も忘れてはいけません。

この度、ご紹介するのは東洋大の中川圭太選手です。

ドラフトでも上位で指名されそうですが、

選ばれればPL学園卒の最後のプロ野球選手となりそうです。

これまで様々な苦難を乗り越えてきた選手で、

『ドラフト緊急生特番お母さんありがとう』でも紹介されるようですね。

番組では母親が隠してきた嘘に懺悔するとのことですが、嘘とは何でしょうか?

また中川圭太選手のPL学園時代のエピソードもチェックしてみたいと思います。

Sponsored Link

中川圭太(東洋大)の母親の嘘とは何?

まずは中川圭太選手のプロフィールを見てみましょう。

・生年月日  1996年4月12日(22歳)→記事執筆時

・出身地   大阪

・血液型   B型

・ポジション 内野手

・身長    180㎝

・体重    75㎏

・投打    右投右打

小学校2年生から野球を始め、尾崎中学校時代には泉佐野ボーイズに所属。

高校は、多くのプロ野球選手を輩出したPL学園です。

甲子園出場はありませんでしたが、高校通算本塁打は29本。

東洋大に進学後も1年生からレギュラーとして活躍し、

鋭い強打が魅力で、元阪神タイガースの今岡誠さん以上との声もありますね。

東洋大でも主将としてチームを牽引してきました。

昨年には夏季ユニバで日本代表にも選ばれていて、

最後のPL学園卒のプロ野球選手になれるのか注目されています。

(なぜPL学園最後なのかは後述します)

一見エリート街道を歩んできたように見受けられますが、

大変な困難を乗り越えてきたんですね。

それを支えてこられたのが母親の律子さん。

実は中川圭太選手の両親は離婚していて、

母親の律子さんは女手一つでここまで育ててこられたんですね。

PL学園も私立ですし、おまけに大学まで息子を行かせるなんて、

相当の学費がかかりますよね?

経済的負担も大きかったでしょうね。

『ドラフト緊急生特番 お母さんありがとう』では母親の律子さんは、

13年間隠してきた嘘を告白します。

その嘘というのが、離婚したということで「お父さんは仕事」と言い続けていたそうです。

中川圭太選手は野球を続けることで母親に負担をかけていることに気づき、

野球を辞めることも考えたと言われています。

しかしながらプロ野球選手になるという息子の夢を叶えるため、

道具も含め野球に集中できるように環境を整えてあげたんですね。

素晴らしいお母さんです。

Sponsored Link

中川圭太のPL学園時代のエピソードもチェック!

PL学園といえば高校野球の強豪校で、

多くのプロ野球選手も輩出しているのはご存知の方も多いと思います。

ですが中川圭太選手のPL学園時代のエピソードをチェックすると、

大変な時期を過ごしてきたのが分かります。

以前からPL学園野球部は上下関係が厳しく部内での暴力も問題視されていましたが、

2013年にも暴力事件が起きてしまいました。

(当時、中川圭太選手1年生)

期限付きの対外試合禁止だけではなく、

相次ぐ不祥事に学校側も、野球部に厳しい姿勢を取るようになり

外部スカウト制の廃止や寮の廃止が決定されました。

これでは中川圭太選手にとって野球に集中できる環境ではありませんよね。

夢を持って入部してきた中川圭太選手にとっては、かわいそうですね…

また采配ができない学校長が表向きの監督になったため、

3年生の頃、主将だった中川圭太選手が指示を出していたそうです。

もしPL学園野球部が通常に機能していれば、

高校時代からもっと活躍できていたのではないでしょうか。

現在PL学園野球部は休部状態です。

部の復活は厳しいかもしれません。

したがって、中川圭太選手はPL卒の最後のプロ野球選手かと注目されているんですね。

何としてもドラフト指名を受けプロ野球選手に。

そして活躍して母親孝行してほしいですね。

今回は『ドラフト緊急生特番 お母さんありがとう』でも紹介される東洋大の中川圭太選手についてのお話でした。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です