平尾奎太の腎臓の病気はlgA腎症…ドラフト指名は?克服した姿に感動!

2018年のドラフト会議まであと僅かです。

この度ご紹介するのは、Honda鈴鹿所属の平尾奎太選手。

大阪桐蔭出身ということで根尾昴選手や藤原恭太選手らの先輩にあたりますね。

根尾昴選手は1位指名確定だと思いますが、

平尾奎太選手もドラフトで指名を受ける可能性があります。

腎臓の病気を宣告されていますが、克服した姿には感動です!

Sponsored Link

平尾奎太の腎臓の病気はlgA症…ドラフト指名は?

Honda鈴鹿所属の平尾奎太選手。

まずはプロフィールを見てみましょう。

・生年月日  1994年6月21日(24歳)→記事執筆時

・出身地   大阪

・身長    188㎝

・体重    90㎏

・ポジション 投手

小学校2年生から泉佐野レッドボーイズで野球を始め、府大会や近畿大会で優勝。

中学卒業後は大阪桐蔭に進学し、2年生からベンチ入り。

甲子園春夏連覇を経験しています。

同級生には阪神タイガースで活躍している藤浪晋太郎投手がいますね。

同志社大学を経て現在のHonda鈴鹿所属に至っています。

188㎝という長身から最速146㎞のストレートと角度のある変化球が武器の投手です。

冒頭でもふれましたが、平尾奎太選手は腎臓の病気を持っています。

大阪桐蔭2年生の健康診断で腎臓に異常が見つかったっているんです。

その腎臓の病気はlgA腎症

lgA腎症についての詳しい症状はこちら

腎不全を引き起こし、透析や腎移植が必要になるケースもあるという重いものですね。

医師からは「野球はあきらめてください」と診断があったそうです。

高校生には残酷な診断ですよね…

後述しますが、平尾奎太選手は野球を続ける選択を選びます。

大学4年次にはベストナインを受賞。

Honda鈴鹿では1年目から都市対抗で活躍し、

アジア選手権でも日本代表に選ばれて2018年のドラフトに名乗りをあげています。

あとは指名があることを願うばかりですが、

阪神タイガースが昨年よりリストアップしているそうです。

「左腕で体格もあるし球速も格段に上がっている」との評価です。

阪神には同級生の藤浪晋太郎投手がいますし、ぜひ指名を受けてほしいですね。

Sponsored Link

平尾奎太が腎臓の病気を克服した姿が感動!

lgA腎症という腎臓の病気を宣告された平尾奎太選手。

医師からは2年間の運動禁止し治療に専念するように告げられたそうですが、

「死んだっていいから野球を続けたい」と母に強く訴えたとのことです。

3年の夏が終わったら治療に専念することを約束し、

同志社大学では2年間野球ができない日々が続きました。

入退院を繰り返しだった平尾奎太選手。

普通なら心が折れてしまいますが、決して諦めなかったんですね。

病気を克服して大学3年の春から練習を再開。

社会人野球でも活躍し、ドラフト候補の選手にもなりました。

ドラフトを前に「支えてくれた家族に感謝したい。プロへ行くことで同じ病気の子供たちに勇気を与えたい」

と平尾奎太選手はコメント。

諦めない不屈の精神で病気を克服した姿は感動しますね。

余談ですが、平尾奎太選手は『ドラフト緊急生特番 お母さんありがとう』でも特集されるそうです。

何とかプロへの道を手にしてほしいものですね。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です