佐々木文【島根の美人若女将】の前職がすごい!よしだや旅館のおすすめについてもチェック!

10月26日放送の『沸騰ワード』に、

200年続く島根の老舗旅館の美人若女将が出演されます。

美人若女将って誰だろうと思っていましたが、

佐々木文さんであることが判明しました。

今回は佐々木文さんの意外な前職や老舗旅館のおすすめについてもチェックしてみたいと思います。

Sponsored Link

佐々木文【島根の美人若女将】の前職がすごい!

佐々木文【島根の美人若女将】のプロフィール

『沸騰ワード』で紹介される島根の美人若女将。

島根には旅館がたくさんあるので誰だろうと気になっていましたが、

佐々木文さんと判明しました!

美人若女将と言われるだけあって確かに美人ですね~!

佐々木文さんのプロフィールはこちら。

・生年月日 1987年?○月○日(31歳)→記事執筆時

・出身地  島根県江津市有福温泉町

・学歴   日本女子体育大学

2018年3月より有福温泉の旅館、よしだやの若女将を務めておられます。

父の佐々木正臣さん・母の美弥子さんの長女として生まれる。

スポーツが好きで体育教師を目指して日本女子体育大学に進学。

卒業後は教員として中学校に2年間勤務。

佐々木文【島根の美人若女将】の前職は?

先生だったこともすごいんですが、実は佐々木文さんは2年で教員を退職されています。

若女将になる前はなんと警察官だったんです!

なぜ教員をやめてまで警察官になったんでしょうか?

その理由は、

大学1年の夏に住んでいた寮に男が侵入…

佐々木文さんの部屋に忍び込むもの寝ていた彼女には気付かず退出、

後日警察に逮捕されたそうです。

おそろしいですね(汗)

男が逮捕されたことに安心し「自分も女性や子供たちに安心感を与えたい」

と考え警察官に憧れたというものです。

採用試験を受け平成24年度警視庁に採用されることになりました。

前職が警察官だなんてすごいですね~。

使命感や責任感が問われる仕事ですもんね。

お母さんが体調を崩されたため帰郷し、

平成26年度から島根県警に入り地元で働いていましたが、

旅館経営の大変さや少子高齢化していく地域を目の当たりにして、

旅館を継ぐことを決意されました。

このあたりも佐々木文さんの責任感の強さが伝わりますし、

畑違いの仕事をこなされているのは本当にすごいことだと思います。

Sponsored Link

佐々木文【島根の美人若女将】よしだや旅館のおすすめについてもチェック!

美人若女将ということで宿泊者が増えるかもしれませんね(笑)

さて佐々木文さんが若女将を務めているのは有福温泉の旅館、よしだやです。

島根県江津市有福温泉町708。

少子高齢化が進む町ですが、すごくのどかな場所です。

よしだやは、創業250年以上という老舗旅館。

江戸時代から営まれている古い歴史があります。

ここで、よしだやのおすすめについてもチェックしてみましょう。

なんといっても料理

海の幸は日本海の浜田漁港より取り寄せられた新鮮なものです。

本当に島根県は魚が美味しいんですよ!

そして旅の疲れを癒してくれるのが温泉ですね。

100%天然温泉自家源泉で、

有福温泉の湯は、美人美肌の湯と言われていて入ると肌がツルツルになるんです。

豊かな自然に囲まれ、料理も美味しくて温泉もあって、

おまけに若女将が美人となれば言うことないですね!

今回は【島根の美人若女将】佐々木文さんについて、

務められている旅館のよしだやについてのお話でした。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です