丸佳浩に巨人が出した条件がすごい!過去のFA選手の契約金もチェック!専門家の声は?

FA宣言した広島東洋カープの丸佳浩選手。

いよいよ交渉が解禁となるので動向が気になりますね。

正式に獲得の名乗りを上げているのが巨人とロッテ。以前から多額の契約金が用意されるのでは?と言われていましたが、巨人が出した条件がすごいことになっています(汗)

今回は丸選手に巨人が出した条件、過去に獲得したFA選手の契約金、そして専門家の声などをチェックしてみたいと思います。

Sponsored Link

丸佳浩に巨人が出した条件がすごい!過去のFA選手の契約金もチェック!

丸佳浩のプロフィール

・生年月日 1989年4月11日(29歳)

・出身地  千葉県勝浦市

・身長   177㎝

・体重   90㎏

・投打   右投左打

・学歴   千葉経済大学付属高等学校

引用元   Wikipedia

(2018年11月現在)

セ・リーグ3連覇の立役者といっても過言ではないでしょうね。

走攻守3拍子揃った選手で、特に今シーズンは39本塁打、最高出塁率という素晴らしい成績をおさめました。カープ不動の3番打者ですね。

丸佳浩に巨人が出した条件は?

日本シリーズ終了後にFA宣言した丸佳浩選手。

以前より巨人が獲得に積極的でしたが、4年契約20億円以上という見出しでスポーツ紙にも取り上げられていましたね。これだけでもすごい額というのが分かるのですが、交渉解禁となった11月15日現在、巨人が出した条件がすごいことになっています!

その条件というのが、まず契約金が5年総額30億円以上を用意しているそうです。

5年で30億円以上という契約金…これは他球団では出せないすごい額ですよね~。

お金が全てではないでしょうが、この額は半端ないですし丸選手の立場なら気持ちが揺らぎそうですね。

さらに契約金だけではなく、丸選手には「背番号8」も用意しているとのことです。

巨人の「背番号8」といえばご存知の原辰徳新監督が現役時代付けていた背番号ですね。原監督にとって思い入れのある背番号ですし、巨人とすれば誠意も見せているということになるでしょう。

巨人の過去のFA選手の契約金は?

巨人といえばFA選手による大型補強が話題になるんですが、ここでは過去に獲得した主なFA選手の契約金をチェックしてみましょう。

2006年に日本ハムよりFAで移籍した小笠原道大さんが4年総額15億2千万円。

2011年にソフトバンクよりFAで移籍した杉内俊哉さんが4年総額20億円となっています。

杉内俊哉さんの契約金がこれまでの最高額となっていますので、いかに丸選手に出した条件がすごいことが分かりますね。

Sponsored Link

丸佳浩に出した巨人の条件に専門家の声は?

丸佳浩選手の獲得に向け、5年総額30億円以上と破格の条件を出している巨人ですが、専門家の声を見てみると批判的なものですね。

元巨人軍で13年間活躍し現在野球評論家の広岡達郎氏によると、

広島の丸を25億円使ってFAで獲得するという報道が出ていますが、これもコーチの無能さをさらけ出すようなもので、バカげています。私がコーチなら「要りません」と言います。編成は原の動向が尊重されるんだから、原に「この(若手)選手を育てます」と言えるコーチがいないのが信じられない。

引用元 headline.yahoo.co.jp

上記のようにバッサリですね。

広岡氏に対しては賛否の声があるようですが、これは一理あるのかなと思います。

まぁ球団の方針なのでこればかりは致し方ないところですね。

いずれにしても丸選手がどのような決断をするのかは要注目です。

丸選手に関しては以下の記事もよく読まれています。

ご興味がありましたら下の記事もご覧になってみてくださいね。

丸佳浩の家族が引っ越したのは本当?巨人へ移籍する可能性は?ネット上の声もチェック!
丸佳浩の年俸推移は?移籍後の契約金や巨人ファンだったとの噂もチェック!
丸佳浩の獲得は巨人とロッテだけなのはなぜ?会見やネット上の声から推測!

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です