稀勢の里の右膝を怪我したのはいつ?動画でチェック!休場理由に言い訳との声も…

大相撲九州場所で初日から4連敗となった横綱の稀勢の里

5日目より休場することになりましたね。

休場理由に右膝を怪我したことをあげていましたが、「言い訳では」という声もありました。

今回は稀勢の里はいつ右膝を怪我したのか動画でチェックしてみたいと思います。

Sponsored Link

稀勢の里が右膝を怪我したのはいつ?動画でチェック!

大相撲九州場所4日目、前頭2枚目の栃皇山と対戦した横綱の稀勢の里ですが、物言いがついた結果、軍配差し違えで敗れ初日から4連敗。報道でもありましたが、横綱が初日から4連敗というのは87年ぶりというワースト記録となりました。

「引退か」「休場か」という窮地に立たされた稀勢の里。5日目より休場することを発表しました。

休場理由については、右膝の捻挫ということで全治一ヶ月の診断が出ていますね。

ではいつ右膝を怪我したのかですが、稀勢の里の会見によると「初日の取り組みで新しいところを痛めてしまって…」とコメントしていました。そこで初日の貴景勝戦を動画でチェックしてみたいと思います。

何度も動画を見てみましたが、右膝を痛めた瞬間というのは分からなかったですね。

あえて言えば貴景勝にはたかれた時でしょうか?一瞬右膝が流れたようにも見えますね。

今場所の稀勢の里は腰高が指摘されていましたけど、その辺り右膝の怪我の影響もあったかもしれません。

こちらの動画は4日目の栃皇山戦。

テーピングもしていませんでしたし、この取り組みを見る限りでは脚も動いていますので、まさか痛めているとは思いませんでしたね。

Sponsored Link

稀勢の里の休場理由に言い訳との声も…

右膝の捻挫により大相撲九州場所を途中休場することになった稀勢の里ですが、休場理由に「言い訳」との声もあがっているようです。

ご覧のように厳しい声が多いですね…

8場所連続休場もありましたので「言い訳」と捉えられても仕方がないかもしれません。

これも横綱であるがゆえのことでしょうね。

稀勢の里自身は「まだやれる」と思って休場を選択したのでしょうが、休場することで精神的負担はさらに大きく膨らむでしょう。

いよいよ進退を問われる段階になってきたようです。

稀勢の里にとって休場がベストな選択となれば良いですね。

今回は稀勢の里がいつ右膝を怪我したしたのか動画でチェックしてみました。

また稀勢の里に関してはこちらでも記事を書いています。

ご興味がありましたら下の記事もご覧になってみてくださいね。

稀勢の里に引退勧告はある?休場の可能性やネット上の声もチェック!

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です