【2018 紅白歌合戦】島津亜矢が歌う曲目は何?過去の評判についてもチェック!

2018年の第69回NHK紅白歌合戦に島津亜矢さんが出場されます。

演歌歌手でありながら最近は洋楽や歌謡曲をカバーされ、歌のうまさが話題になっていますね。

昨年はベッド・ミドラーの「The Rose」でした。はたして2018年はどんな曲を歌われるのか興味深いところです。

ということで今回は島津亜矢さんが紅白で歌う曲目や過去の評判についてチェックしてみたいと思います!

Sponsored Link

【2018 紅白歌合戦】島津亜矢が歌う曲目は何?

・本名   島津亜矢子

・生年月日 1971年3月28日(47歳)

・出身地  熊本県鹿本郡植木町

・血液型  O型

・ジャンル 演歌

・所属   オフィス風

引用元   Wikipedia

(2018年11月現在)

幼少期より数々のグランプリを受賞し抜群の歌唱力で地元では有名だったそうですね。14歳で上京し作詞家の星野哲朗さんのもとへ弟子入りし翌年の1986年に「袴をはいた渡り鳥」でデビューしています。

1991年の「愛染かつらをもう一度」は30万枚を売上げましたが、その後はヒット曲に恵まれなかったようです。

しかしながら2015年より紅白歌合戦に連続出場中で、カバーした洋楽や歌謡曲で話題となっています。

2018年の紅白歌合戦で5回目の出場となるんですが、今年は何の曲目を歌われるんでしょうか?

現在11月下旬なので曲目の発表はまだですが、過去に歌われた曲から予想してみたいと思います!

14年ぶりの出場となった2015年の紅白歌合戦では「帰らんちゃよか」を披露。

こちらは島津さんご自身の曲ですね。

続いて2016年は美空ひばりさんの「川の流れのように」。そして昨年の2017年が冒頭でお伝えした「The Rose」です。

ここ2年続けて他者の楽曲を歌われています。

最近の島津亜矢さんはカバー曲が話題となっています。3月には「道」をリリースされていますが、知名度としてはどうでしょう?

よって2018年もカバー曲を歌われる可能性が高いかと思われますね。

曲目については2016年と同じになりますが「川の流れのように」ではないでしょうか。

平成最後の紅白歌合戦ですし、なんといってもこの曲は平成の名曲ですからね。歌唱力のある島津亜矢さんが歌えば場が締まるかと思います。

Sponsored Link

島津亜矢の過去の紅白歌合戦の評判についてもチェック!

2018年で5回目の出場となる紅白歌合戦ですが、ここでは島津亜矢さんの過去の評判についてチェックしてみます!

こういった厳しい声もありますが…

島津亜矢さん出演で「楽しみ」という声もありますね。

中でも昨年歌われた「The Rose」の評判が良かったですね。

ということで最後は島津亜矢さんが歌う「The Rose」をチェックしてこの記事を終えたいと思います。

「自分の歌じゃない」とか批判もあるかもしれませんが、原曲とは違う魅力があるので個人的にはアリかと思います。

今回は島津亜矢さんについてのお話でした。また島津亜矢さんについてはこちらでも記事を書いていますのでご興味がありましたら下の記事もご覧になってみてくださいね。

島津亜矢は歌がうまいと話題!カバーアルバムについても動画でチェック!

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です