DAOKOは生歌が下手?動画でチェック!紅白出場に心配の声が多数…

米津玄師さんとのコラボした「打上花火」が話題となったラップシンガーのDAOKOさん。

年末の第69回NHK紅白歌合戦に初出場されるんですが、なにやら「生歌下手」とか「大丈夫?」なんて心配の声があがっているようですね…MVを聴くかぎり歌は上手だと思うんですけどね(汗)

そこで今回はDAOKOさんの生歌が本当に下手なのか動画でチェックしてみたいと思います!

Sponsored Link

DAOKOは生歌が下手?動画でチェック!

まずは「DAOKOって誰?」と思われている方もいるかもしれないのでプロフィールを少し見てみましょう。

・別名   だをこ

・生年月日 1997年3月4日(21歳)

・出身地  東京都

・担当楽器 ボーカル、ラップ

・所属   TOY’S FACTORY INC.

引用元   Wikipedia

(2018年11月現在)

中学3年生の時にニコニコ動画にラップを投稿していたDAOKOさん。動画内で出会ったJinmenusagiさん?という方の呼びかけ客演参加した楽曲での振る舞いがネット発のインディーレーベル「LOW HIGH WHO? PRODUCTION」の主宰者に気に入られ、高校入学時に同レーベルと契約。学校の校則が厳しく顔を隠して活動していたそうです(汗)

高校在学時さまざまな映画の主題歌や挿入歌に抜擢され、世界各国から注目を集めるほどの存在に。これってすごいことですね…

大手レコード会社による争奪戦の結果、高校卒業後と同時にTOY’S FACTORY INC.よりメジャーデビューされています。

さてDAOKOさんといえば米津玄師さんとのコラボした「打上花火」が有名ですよね。

アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌でMVの視聴回数は2億回を超える話題曲でDAOKOさんの知名度も急上昇。2018年の紅白歌合戦にも初出場が決まりました。

そんな中、ただならぬ声があがっています。

それは、ご覧のように「DAOKO生歌が下手」というものです(汗)

本当に下手なんでしょうかね?

そこでDAOKOさんのMVと生歌の動画でチェックしてみましょう!

まずはMVです。

続いて生歌です。

こちらはDAOKOさんが『ZIP』に出演された時のものですが、生歌が下手かと言われるとそんなに下手じゃないと思うんですけどね…MVと比べると少し違う気もしますが「朝だから」ってことも関係あるんじゃないでしょうか?

Sponsored Link

DAOKOの紅白出場に心配の声が多数…

紅白歌合戦に初出場となるDAOKOさんですが、心配の声もあがっているようです。

生歌について心配されている人が多いようですね…

緊張感など半端ないと思いますが、紅白歌合戦では心配の声を吹き飛ばすくらいの生歌を披露してほしいですね。

今回はDAOKOさんの生歌が下手なのかについてみてきました。

またDAOKOさんについてはこちらでも記事を書いていますのでご興味がありましたら下の記事もご覧になってみてくださいね。

DAOKOと米津玄師が紅白で共演する可能性は?曲や順番についてもチェック!

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です