田端良基の高校時代がすごい!【動画も】弟の拓海についてもチェック!

12月2日放送の『消えた天才』に甲子園で大谷翔平選手からホームランを放った田端良基さんが紹介されます。

残念ながらプロへ進まれることはありませんでしたが、今回は天才スラッガーと賞賛された田端良基さんの高校時代や弟さんについてもみていきたいと思います!

Sponsored Link

田端良基の高校時代がすごい!【動画も】

・生年月日  1994年?月?日(24歳)

・出身地   和歌山県

・身長    175㎝

・体重    85㎏

・ポジション ファースト

2012年の甲子園で春夏連覇に貢献した大阪桐蔭の4番バッター。同級生には阪神タイガースの藤浪晋太郎投手もいました。

冒頭でもふれましたが、春の選抜で大谷翔平選手からホームランを放っています。

その時の動画はこちらです。

大谷選手の球も速いですけど田端さんのスイング豪快ですよね!

夏の甲子園では2試合連続ホームランを含む18打数7安打5打点の大活躍。高校通算22本ホームランという輝かしい記録を残しています。

藤浪投手も田端さんのパワーに驚かされたと語られていますね。

先ほどのもの以外にも田端さんの高校時代の動画がありますのでご覧ください。

まさにホームランバッターという感じですごいスイングですよね~。

当時ネット上に記載された声を見てみると「フォロスルーまで強引に振っていくスイングは超高校級」と評されています。

残念ながらドラフトで指名されることはなく高校卒業後は野球を辞められましたが、甲子園での成績を見てもすごい高校時代だったことが分かりますね。

Sponsored Link

田端良基の弟の拓海についてもチェック!

田端良基さんには拓海さんという名前の弟さんがおられます。

なかなかコワモテのお姿ですが…拓海さんも高校球児で大阪偕生学園の4番で主将。現在は立命館大学の硬式野球部でキャッチャーをされているようです。

大阪偕成学園といえばヤンチャな生徒が多いと言われていて野球部も荒れていたそうですね。そのため「リアル・ルーキーズ」とも言われました。2015年には大阪桐蔭を倒し甲子園出場も果たされています。

兄の良基さんは野球を辞められていましたが、拓海さんの姿を見て感動。そして一時的に社会人野球に復帰。野球への情熱を取り戻したのは拓海さんの存在が大きかったんでしょうね。

今回は「消えた天才」こと田端良基さんについてのお話でした。また田端さんといえば現在は会社経営をされているそうですね。そのことに関してもこちらで記事を書いていますのでご興味がありましたら下の記事もご覧になってみてくださいね。

田端良基は現在 会社経営者で年収がすごい!結婚相手の嫁や彼女は?

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です