桜庭ななみが消えた?との噂は完全デマ!堪能な中国語や現在を紹介!

2010年に映画『最後の忠臣蔵』に出演し、日本アカデミー賞 第35回「新人俳優賞」を受賞、『なっちゃん』や『三菱地所』のCMで話題になった女優の桜庭ななみさん。清純派の女優さんですよね。

桜庭ななみさんについて調べると「消えた?」「干された?」などのかわいそうなキーワードが挙がりになっています。

実際は、どうなのでしょうか?今回はその噂の真相や現在の桜庭ななみさんについてお話していきたいと思います!

Sponsored Link

桜庭ななみが消えた?との噂は完全デマ!

・生年月日:1992年10月17日(25歳)

・出身地:鹿児島県出水市

・血液型:O型

・身長:162.5㎝

・スリーサイズ:B79/W60H87

・趣味:中国語(北京語)、映画鑑賞、ピアノ

・特技:中国語(北京語中級レベル以上)、韓国語(日常会話レベル)、テニス、バレーボール、書道

・好きな食べ物:トムヤンクン、カフェラテ

・所属事務所:スウィートパワー

桜庭ななみさんのプロフィールです。

デビュー前からルックスは地元でも話題になっていて「鹿児島県にものすごい美少女がいる」との声を聞きつけた事務所からスカウトされて、2007年から芸能界入りされています。

デビュー以降は毎年、テレビドラマやCM、映画など幅広く活躍されていましたが、2017年には主だった出演作品がありません。

めっきりメディアから姿が見えなくなったことから、桜庭ななみが「消えた?」「干された?」などされるようになりました。

結論を先に言いますと、こちらの完全デマです(笑)

桜庭ななみさん、台湾の映画が好きで中国語の勉強をされていました!

特技に書道とあることから達筆ですね~。

実は桜庭ななみさん、2014年から中国語を学びに台湾へ単身留学、2016年には台湾の連続ドラマ『戀愛沙砂暴』日本語で「愛の砂嵐」に出演され台湾デビュー。

台湾と日本を行き来されていて、決して消えたわけではありません。

それにしても独学で中国語学ばれるなんて凄いですよね~。気になる中国語はどんな感じなのでしょうか?

Sponsored Link

桜庭ななみの堪能な中国語

さて、独学で学ばれたという桜庭ななみさんですが、どのくらい中国語が話せるのでしょうか。

次の動画をご覧ください。

いかがでしょうか。とても堪能な中国語ですね~。中国語を話す桜庭ななみさんも魅力的だと思います。

プロフィールにも記載しましたが、そもそも中国語(北京語中級レベル以上)ってどんなものなのか気になったので少し調べてみました。

検定を例に挙げると、中国語検定3級、新漢語水平考試、HSK4級の合格が中級レベル。

日常会話ができること、アクセントのしっかりした発音と自分の意見を中国語で話すことができることを指すのだそうです。

さぞ猛勉強されたのでしょうね~。

桜庭ななみの現在は?

もう始まりましたが、2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』に西郷隆盛の妹役、西郷琴を演じられます。

西郷隆盛の出身は鹿児島県、桜庭ななみさんも同郷なのでドラマに対する思い入れも強いのではないでしょうか!

また堪能な中国語が評価され、ジャン・ウー監督の香港・中国合作映画『マンハント』にも出演されます。

公開は2018年2月9日です。

福山雅治さん主演もあり注目を集めそうですね~。

桜庭ななみさん、2018年には多くの出演が期待されます。

まとめ

桜庭ななみが消えたとの噂は完全デマ!

桜庭ななみは中国語が堪能。

2018年は桜庭ななみの出演に期待。

今回は、桜庭ななみさんについてのお話でした。最後までお読みくださってありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です