二橋大地へのバッシングが酷い…【動画も】現在の活躍についてもチェック!

12月2日放送の『消えた天才』では大谷翔平選手が勝てなかった天才が紹介されます。3人の方が紹介されるみたいですが、その内の1人は高校3年の夏の岩手県大会で大谷選手からホームランを放った盛岡大付属の二橋大地さんだと分かりました。

大谷選手の甲子園出場を阻んだことでかなりのバッシングを受けられたようですね。

今回は二橋大地さんが受けたバッシングや現在についてチェックしてみたいと思います!

Sponsored Link

二橋大地へのバッシングが酷い…【動画も】

・生年月日  1994年4月14日(24歳)

・出身地   神奈川県

・ポジション ファースト、サード

小学1年から野球を始め、中学時代はボーイズリーグの強豪「瀬谷ボーイズ」に所属。盛岡大付属高校進学後は1年生の秋からベンチ入りし、高校通算39本塁打を記録しています。

冒頭でもふれましたが3年夏の岩手県大会で大谷翔平選手率いる花巻東と対戦し、大谷選手から決勝3ランを放ち甲子園出場を決めています。当時から大谷翔平選手は2年生から甲子園のマウンドに立ち、岩手県大会準決勝では最速160㎞/hを記録するなど全国的にも注目の選手でした。

大谷翔平選手の甲子園出場を砕いたことで、二橋大地さんへはバッシングが寄せられたんですよね。

こちらの動画は二橋大地さんが大谷選手から放ったホームラン。レフトポール際への打球で際どい当たりということもあり盛岡大付属高校へ何本ものクレームの電話が相次いだそうです。

高校野球にはもちろんリプレイ検証などありませんので、審判の判定は絶対です。判定を下したのは審判ですから高校に対してバッシングするのはお門違いですよね。

そして最も酷いのが、以下の甲子園大会での閉会式での高野連会長の発言です。

「残念なのは花巻東の大谷投手を甲子園で見ることができなかったこと」

その時の動画もありました。

この発言というか失言は酷すぎますよね…

どの高校球児だって甲子園を目指して一生懸命頑張っているのに、あまりにも失礼すぎます。

二橋大地さんは「悪いことをしてないのに悪いことをしたような気分になった」と当時を振り返られています。周囲の大人がこのような空気を作っちゃいけませんよね。

Sponsored Link

二橋大地の現在の活躍についてもチェック!

さて二橋大地さんは現在どう過ごしておられるのか見てみましょう。

盛岡大付属高校を卒業後は東日本国際大学を経て現在は社会人野球の強豪、三菱日立パワーシステム(MHPS)でプレーされていることが分かりました。

2018年7月の都市対抗線でもホームランを放つ活躍を見せています。

チームでもスラッガーとして期待されているようですね。

「野球をやってる以上は、目指すべきはプロ」と語られていますし、ぜひ目標に向かって頑張ってほしいですね。

今回は「消えた天才」こと二橋大地さんについてのお話でした。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です