霜降り明星のM-1は面白くない?なぜ優勝できたのか理由が気になる!

12月2日に行われた『M-1グランプリ 2018』。

今年はどのお笑いコンビが優勝するのか注目でしたが「霜降り明星」が王者となりました。史上最年少での優勝とあり話題となっていますがM-1でのウケはイマイチだったようで「面白くない」とも言われてますね(汗)

今回は「霜降り明星」が優勝できた理由はなぜなのかみてみたいと思います!

Sponsored Link

霜降り明星のM-1は面白くない?

向かって左側がボケ担当のせいや(石川晟也 26歳)さん、右側がツッコミ担当の粗品(佐々木直人 25歳)さんです。

今年でコンビ結成5年目となりますが、M-1では10組での決勝1回戦を700点中662点で1位通過。「和牛」「ジャルジャル」との最終決戦では4-3で「和牛」を下し史上最年少の王者に輝きました。

「霜降り明星」のお二人、本当におめでとうございます!

さてM-1を見ていた視聴者からは「面白くない」という酷評があがっています。

ご覧のようなツイート。

「面白い」という声よりも「面白くない」という声のほうが多いのではないでしょうか?

人それぞれ受け取り方が違うので、大変失礼かもしれませんが個人的には「面白くなかった」というのが正直な感想です…

Sponsored Link

霜降り明星がM-1でなぜ優勝できたのか理由が気になる!

「面白くない」と言われている「霜降り明星」ですが、なぜM-1で優勝できたのか理由が気になっている方も多いんじゃないでしょうか?

前評判の高かった「和牛」は今年で3年連続準優勝です。こんなことって起こりますかね(汗)

ツイートにもありましたが「出来レース」他には「ヤラセ」という言葉が出てきてますね。

「和牛」が優勝と思っていた人も多かったですしね。

このように書いてはいけないかもしれませんが、ここ数年どうも影で「このコンビを話題にさせたい感」があるような…そんな気がしてます。M-1に限らず組織票みたいなものがあるんじゃないですかね~。

審査員に対する(特に志らくさんや上沼さん)批判の声もあったようなので来年からは視聴者投票もアリかと思われます。

今回はM-1王者「霜降り明星」に寄せられた声や優勝できた理由についてみてきました。いずれにしても今後メディアへの出演が増えると思うのでこれからが大変かと思いますが頑張ってほしいですね。

また「霜降り明星」についてはこちらでも記事を書いていますのでご興味がありましたら下の記事もご覧になってみてくださいね。

霜降り明星はつまらない?うるさいとの声も…【動画でチェック】M-1優勝にネット上の反応は?

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です