アクアリウム初心者の方が用意すべきアクア用品についての紹介~其の2

こんにちは、アクアリウム歴30年のmasatoです!

この度は当ブログをご閲覧くださりありがとうございます。今回の記事ではアクアリウムを始めたいけど、何が必要なの?どれくらい費用がかかるの?どんな用品を用意すればいいか分からない…といった疑問をお持ちのアクアリウム初心者の方が用意すべきオススメのアクア用品(今回の記事は其の2です)を分かりやすく解説していきたいと思います。

Sponsored Link

アクアリウム初心者が用意すべきアクア用品、其の2

・ろ材

そもそもろ材って…?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ろ材とは簡単にいえば水を綺麗にしてくれる素材のことで濾過器=フィルターの中に入れて使用するものです。ろ材にも種類がありまして大きく分類すると3つです。

物理的ろ材 熱帯魚が排泄した糞や残った餌やゴミ等を濾しとるもの。ウールマットやスポンジ等があります。

生物的ろ材 バクテリアが棲みつくことで有害なものを無害にしてくれるもの。リング状、ボール状等の多孔質ろ材と呼ばれています。

化学的ろ材 水の中の悪いもの吸着するもの。活性炭、ゼオライト等があります。

前回の記事ではアクアリウム初心者の方には上面フィルターがオススメと書きましたが、どのようにろ材を使用していくか解説していきたいと思います。上面フィルター(ここではGEXのグランデカスタム600を例にします。)を購入すると物理的ろ材のウールがセットとして入っていますがアクアリウム初心者の方がウールだけで飼育を始めていくのは、なかなか難しいもの。

そこで生物的ろ材を導入してフィルターをカスタマイズしていきましょう。多孔質ろ材で私がオススメするのは、エーハイムのエーハイメック(リング状)、エーハイムサブストラット プロ(ボール状)です!多孔質ろ材は細かい穴が開いていて、そこがバクテリアの棲み家になります。バクテリアと聞くとなんだか恐ろしいイメージがありますが、ここでお話しするのはもちろん良いバクテリアです。彼らに働いてもらって水を綺麗にしてもらいましょう!

私が使用している上面フィルターのろ材は、エーハイムメックとサブストラットプロ。これをそれぞれネットに分けて入れてその上にウールを敷いています。

エーハイメック 1L 1000円程度

サブストラットプロ 1L 1500円程度

参考にしてみてください。

・底床

分かりやすくいえば、水槽の底に敷く砂です。様々な用品があり販売されていますが、ここではアクアリウム初心者の方のために書いている記事なので、大まかに3つに分けて特徴を挙げてみたいと思います。

ソイル~土を焼き固めたもので水質を弱酸性に保ち、栄養分が含まれているため水草水槽にオススメ。

砂利~大磯砂や南国砂が定番でホームセンターでも販売されていて入手しやすいです。海岸で採取されるため貝殻などが含まれていることがあるので水質が中性~弱アルカリ性に傾きやすいです。

砂~目の細かいサラサラしたもの。淡水魚向けのもの、海水魚向けのサンゴ砂などがあります。淡水魚向けの砂は水質にあまり影響を与えないものがほとんどです。

どの種類の熱帯魚を飼育していくかによって、底床を選んでいく必要がありますが、私が初心者の方にオススメする底床は使いやすさやメンテナンスのしやすさ、見た目、お値段から考えて大磯砂田砂です!この2つの底床を使用することで初心者向けの熱帯魚たちを健康に飼育することができると思っています。ちなみに60㎝水槽ですと10㎏程度の量が目安です。

大磯砂10㎏ 1500円程度。

田砂10㎏ 2500円~3000円程度。

参考になさってください。

・餌

熱帯魚たちのご飯ですね。私たち人間は1日3食ご飯を食べていますが、彼らは1日2食で良いと思います。餌の種類もたくさんあって迷ってしまいますよね…?フレークタイプ、固形状のもの、冷凍餌、生き餌などあります。

私のオススメの餌を紹介したいと思います!(ここでは小型魚を対象にした餌を紹介します。)

キョーリン ネオプロスはフレークタイプの餌ですが食いつきがとても良いです!長年テトラさんのテトラミンを使用してきましたが、コスト面と水の汚れにくさ等を考えて現在はこちらの用品を使用しています。

キョーリン ネオプロス50g 500円程度。

与え方としてメーカーさんからは『2~3分で食べおわる量を与えてください』とありますがこれが曖昧な表現ですね…飼育している数にもよりますが、少な目で良いと思います。与えすぎると消化不良になりますし水も汚れていきます。

水の汚れ→病気を引き起こすことにもなります。私たち人間も腹8分目とよく言いますよね。熱帯魚たちの健康も考えて餌の与えすぎにはお気をつけください。

・水換え用品

バケツ、クリーナーポンプ(安価なもので数百円程度。)

熱帯魚を健康に飼育していくためには、フィルターだけでは充分とはいえません。定期的な水換えが必要になりますので用意しておきましょう。

Sponsored Link

最後に

今回はアクアリウム初心者の方が用意すべきアクア用品其の2について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?少しでもアクアリウムに興味をもった、こんな感じで揃えていけばいいんだ、始めてみようかなと思っていただけたら大変嬉しく思います!私ももっと知識を深めて、皆さんに良い情報をお伝えできるよう精進していきたいと思います。一緒にアクアリウムを楽しみましょう!最後までお読みくださってありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です