オジュウチョウサンは平地のG1を勝てる?武豊騎手のコメントや過去の障害馬についてもチェック!

12月23日に行われる第63回有馬記念。今年は最強障害馬のオジュウチョウサンが参戦ということもあって例年以上に話題になっていますね!20日に枠順抽選会が行われましたが、騎乗する武豊騎手はなんと「1枠1番」を引き当てました(汗)。何かが起きる予感もしますね~。

今回は“オジュウチョウサンは平地のG1を勝てる?武豊騎手のコメントや過去の障害馬についてもチェック!”というタイトルで記事を書いてみました。

Sponsored Link

オジュウチョウサンは平地のG1を勝てる?武豊騎手のコメントや過去の障害馬についてもチェック!

オジュウチョウサンは平地のG1を勝てる?

オジュウチョウサンは競馬ファンにはお馴染みの馬で、障害レースで9連勝をあげその内中山GJ3連覇、中山大障害2連覇と間違いなく最強の障害馬でしょう。陣営より有馬記念への参戦が発表されるとファン投票では堂々の3位に選ばれましたね!本当に人気のある馬です。

さて実際のところ気になるのは、異例の参戦となるオジュウチョウサンが平地のG1を勝てるのか?(目前の有馬記念)ということです。

当然このように思われる方は多いでしょうね。

これまでオジュウチョウサンの平地のレース経験は4戦で、デビュー後の2戦は11着→8着。そして平地に戻った7月の開成山特別(福島2600m)と11月の南武特別(東京2400m)を連勝中。といっても平地では1000万条件を勝ったばかりなので、一線級が揃うG1では常識的に厳しいものです。

ただしG1を勝つ可能性はゼロではありません

というのもまず、父がステイゴールドという点。ステイゴールド産駒はこの度の有馬記念と好相性というのはご存知の方も多いと思います。

次に手綱を取るのは天才ジョッキーの武豊騎手。全盛期よりパフォーマンスは落ちている感は否めませんがこれまで有馬記念を3勝をあげていますしマカヒキよりオジュウチョウサンを選んだのは気になります。

そして枠とレース傾向。

枠順抽選会ではまさかの「1枠1番」という絶好枠を引き当てました!これには武豊騎手「もってる」と驚かされましたがオジュウチョウサンには願ってもない枠でしょう。そして有馬記念に限っては消耗戦になることが多いですよね。瞬発力勝負にならなければプラスに働くと思います。

血統面、騎手、枠は魅力です。勝負事は何が起こるか分かりませんし、そして何より有馬記念は常識では考えられないドラマが起こるレースです。

平成最初の有馬記念ではオグリキャップの奇跡のラストラン、歴史的大激走したダイユウサク、トウカイテイオーの1年休養明けの勝利もありました。そして今年ドラマがあるとしたらオジュウチョウサンですよね。

有馬記念以外のG1では3200mの天皇賞(春)も障害レースで培ったスタミナを活かせば可能性はありそうですね。

常識的には厳しいでしょうが、まずは平地のG1初戦となる有馬記念であっと言わせてほしいですね!

Sponsored Link

武豊騎手のコメントは?

平地のレースに戻ったオジュウチョウサンは武豊騎手とコンビを組んで連勝中です。

オジュウチョウサンに対する武豊騎手のコメントをまとめてみると、平地初勝利をあげたレース後は「もっと走りそう」。前走勝利後は「さすがに一線級との差は厳しいけど、伸びしろはありそう」。枠順抽選会後は「何かを起こしたい」と話していましたね。有馬記念では思い切った騎乗が見られるかもしれませんね!

過去の障害馬についてもチェック!

過去に障害レースから平地に戻りG1を勝った馬がいるんですがご存知でしょうか?

それはメジロパーマーです!

大逃げの脚質が魅力的でしたね。障害レースでは未勝利戦を勝っただけでしたが平地のG1では1992年に宝塚記念と有馬記念の2勝をあげています。過去において障害レースに転向し平地に戻ってG1を勝ったのはこのメジロパーマーだけなんですよね!

ということはオジュウチョウサンもチャンスはある?かもしれませんね。

今回は最強障害馬のオジュウチョウサンについてのお話でした。異例の有馬記念参戦となりますがいずれにしても無事にレースを終えてほしいと思います。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です