山口哲治(星稜)が消えた理由は怪我?高校時代の成績や現在についてもチェック!

超一流が勝てなかった天才に密着する『消えた天才』。

2019年1月3日放送ではゴジラこと松井秀喜さんが勝てなかった天才が紹介されます。「誰だろう?」と思いましたが、どうやら松井さんと同じく星稜高校出身の山口哲治さんのようですね。

今回は“山口哲治(星稜)が消えた理由は怪我?高校時代の成績や現在についてもチェック!”というタイトルでお送りしたいと思います。

Sponsored Link

山口哲治(星稜)が消えた理由は怪我?

山口哲治さんは松井秀喜さんと同級生で同じく星稜高校の野球部員。松井秀喜さんの星稜時代といえば甲子園での「5打席連続敬遠」ですよね。漫画の「ドカベン」みたいな話でしたが、山口哲治さんは当時星稜のエースでした。

『消えた天才』のCMを見る限り、松井さんが抑えられたのは中学時代のことでしょうね。ユニフォームに河北台とありましたので山口哲治さんはかほく市立河北台中学校に所属されていたものと思われます。

それにしても松井秀喜さんは中学時代からすでに打率6割、130mという飛距離も出ていて軟球を割ったという恐ろしいエピソードがあるのですが、そんな松井さんが「打てなかった」と言われるなんて山口さんはすごいピッチャーだったんですね!

なぜそんな才能のある山口哲治さんが消えたのでしょうか?

情報がほとんどないので一概には言えないのですが、プロ志望届を提出するも山口さんはドラフトで指名がなかったようですね。

星稜卒業後は神戸製鋼野球部に所属。社会人野球からプロを目指されていたようですが、故障に悩まされ8年で引退されたとのことです。詳細は不明ですが、山口哲治さんが消えた理由というのは怪我による影響が主だったと思われます。

Sponsored Link

山口哲治(星稜)の高校時代の成績や現在についてもチェック!

松井秀喜さんも認めた天才という山口哲治さんの高校時代の成績や現在について調べてみました。

約25年も前のことになるので公式な記録が見つけられませんでしたが、山口さんは予選の石川県大会では防御率0.00だったという情報がありますね。また夏の甲子園1回戦の長岡向陵高校戦では11-0と勝利。登板されていれば無失点です。

県予選でも無失点というピッチャーはそう多くありませんよね。素晴らしい成績だと思います。

社会人8年で現役を引退された山口さんは現在も神戸製鋼にお勤めだそうです。

以前放送された『バース・デイ』という番組内で山口さんのお姿がありました。

また少年野球の監督も務められておられるそうですよ。

プロ野球選手という夢は叶わなかったですが、ぜひ甲子園やプロ野球選手を目指す子供たちを育ていただきたいですね。

今回は元星稜のエースで松井秀喜さんが勝てなかった天才、山口哲治さんについてのお話でした。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です