伊藤聡美(デザイナー)の年収はすごい?デザインした衣装の画像もまとめてみた!

2019年1月8日放送の『セブンルール』に衣装デザイナーの伊藤聡美さんが出演されます。フィギュアスケートの羽生結弦・宇野昌磨選手らの衣装を手がけ、他のスケーターからも絶大な支持を得ているそうですね。また依頼も殺到しているとのことなので年収も気になるところです。

そこで今回は“伊藤聡美(デザイナー)の年収はすごい?デザインした衣装の画像もまとめてみた!”というタイトルで記事を書いてみました。

Sponsored Link

伊藤聡美(デザイナー)の年収はすごい?

https://twitter.com/fujitv/status/1082444143857528832?s=09

こちらが衣装デザイナーの伊藤聡美さんです。

1988年生まれの30歳。服飾専門学校在学時に神戸ファッションコンテストで特選を受賞されています。ちなみに過去にコンテストで受賞した方を見てみると、それぞれブランドを立ち上げられたり有名ブランド企業にお勤めだったりするんですね。

専門学校卒業後はイギリスの芸術大学に留学。大手衣装会社に勤務した後、26歳に衣装デザイナーとして独立されています。

すごいのは羽生結弦・宇野昌磨・宮原知子・本田真凛・紀平梨花選手らのトップスケーターの衣装を手がけられていることですね。

フィギュアスケートといえば演技はもちろんですが煌びやかな選手の衣装も注目されますし、その値段も高いといわれていますよね?

浅田真央さんの衣装は100万円もするという情報があります(汗)

伊藤聡美さんのもとには先ほどのトップスケーター以外にも衣装製作の依頼があるといわれていますので年収も気になってしまいますね。そこで衣装デザイナーの年収について調べてみると、

3~5年目  年収300~400万円

6~10年目 年収500~800万円

11年目以降 年収1000万以上

チーフ、もしくはフリーランス

引用元 www.vantan.com

と記載がありました。伊藤さんはすでに独立されています。おまけに高額なトップスケーターの衣装をデザインされています。昨年は50着もの衣装を手がけたといわれているので売上は約5000万円(汗)材料費や経費などを差し引いて年収は2000~3000万円あたりではないでしょうか?

すごい額ですけど製作のプレッシャーは相当でしょうね。

Sponsored Link

伊藤聡美がデザインした衣装の画像もまとめてみた!

ここでは伊藤聡美さんがデザインした衣装の画像をご紹介します。

まずは羽生結弦選手の衣装。すごく細かくデザインされていますね!

続いて宇野昌磨選手の衣装です。紫と黒のコントラストがかっこいいですね。

https://www.instagram.com/p/BhEhupiHefx/

そしてこちらは樋口新葉選手の衣装です。グラデーションが美しいですね。本当にすごい技術だなと思います。選手の演技に綺麗な衣装が映えますよね!今後も煌びやかな衣装を手がけていってほしいです。

今回は衣装デザイナーの伊藤聡美さんの年収やデザインされた衣装についてみてきました。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です