北川悦吏子は若くて綺麗?過去の画像と比較!かつらと書かれる理由はなぜ?

この度ご紹介するのは人気脚本家の北川悦吏子さん。

昨年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』はかなり話題になりましたね。

1月18日放送の『アナザースカイ』に出演されますが、テレビで見る限り若いですね!年齢を知って驚いてしまいました(汗)ということで今回は“北川悦吏子は若くて綺麗?過去の画像と比較!かつらと書かれる理由はなぜ?”というタイトルでお送りしたいと思います。

Sponsored Link

北川悦吏子は若くて綺麗?過去の画像と比較!

・生年月日 1961年12月24日(57歳)

・出身地  岐阜県美濃加茂市

・血液型  B型

・学歴   早稲田大学第一文学部

引用元   Wikipedia

(2019年1月現在)

テレビドラマの脚本家や映画監督、エッセイストとして活躍されている北川悦吏子さん。1989年の『月曜 女のサスペンス』の「赤い殺意の館」で脚本家デビュー。注目を集めた『世にも奇妙な物語』では「ズンドコベロンチョ」をはじめ多くの作品を手がけています。

北川悦吏子さんの代表作品といえば『あすなろ白書』『ロングバケーション』ではないでしょうか?恋愛ドラマが続けてヒットしたことで恋愛の神様とも呼ばれています。

昨年上半期のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』もかなり話題となりましたね!北川さんご自身のツイッターが炎上したり、作品を私物化してるという声もあったのですが、おもしろい作品だったと思います。

さて何かと批判も受ける北川悦吏子さんですが、見た目「若い」ですよね?

ネット上にも「若い」「綺麗」あるいは「可愛い」と書かれています。

上記のツイートは2012年のものですけど現在の北川さんの画像を見てみると、

このような感じです。

年齢にふれるのは失礼かもしれませんが現在57歳とのことですから、それを踏まえても若くて綺麗という言葉は当てはまるでしょうね!

若い頃の北川さんの画像も見てみましょう。

『ロングバケーション』の頃なので22年前の画像です。

若い頃と比較しても現在のほうが若く見えますね。

Sponsored Link

北川悦吏子がかつらと書かれる理由はなぜ?

さて北川悦吏子さんについて検索すると「かつら」という関連ワードが出てくるんですね(汗)

これはなぜなんでしょうか?

結論から書くと”北川さんがかつら”という事実はありません。

こちらの方のツイートからの推測ですが、

おそらくこの髪型から「かつら」だと思われたのでしょうね。そして同様に思われた人がいて「かつら」という関連ワードが生まれたものと思われます。

今回は人気脚本家の北川悦吏子さんについてみてきました。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です