アクアリウム初心者の方が知っておきたい水のお話と飼育しやすい熱帯魚についての紹介

こんにちは、アクアリウム歴30年のmasatoです!

この度は当ブログをご閲覧くださりありがとうございます。今回の記事ではアクアリウム初心者の方が知っておきたい水のお話と飼育しやすい熱帯魚(ここでは淡水魚)について解説していきたいと思います。

Sponsored Link

アクアリウム初心者は水の「PH」について知っておこう!

皆さんPH(読み方はペーハーでいいでしょう。)という言葉をご存知でしょうか?

PHとは水素濃度イオン濃度を示す指数です。大きく分けると酸性・中性・アルカリ性があります。何だか理科や化学の授業みたいで話が難しい…と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ざっくりと知っておく程度で大丈夫です。

アクアリウムにおけるPHとは

PH6以下 酸性

PH6.0~6.8 弱酸性

PH7.0 中性

PH7.5~弱アルカリ性

私はこのように考え、熱帯魚飼育しています。

なぜPHを知っておく必要があるのかといいますと、熱帯魚の生息地によって好むPHが異なるからです。ブラジルのアマゾン川に棲む熱帯魚、アフリカの湖に棲む熱帯魚など、それぞれ異なります。飼育するうえで好むPHが異なると、調子を崩しやすくなり、病気を引き起こしたり、最悪死んでしまいます。

熱帯魚たちを健康に飼育するために、簡単でいいのでPHについて知っておきましょう!

皆さんがお住まいの地域によってはPHは異なりますが、私が住んでいる島根県での水道水PHは7.2です。

PHを測定するものとしては、試験紙・試験薬・電極タイプのものが販売されています。ちなみに私は試験薬タイプのテトラテスト ペーハートロピカル試薬(淡水用)を使用してます。調べることは理科の実験みたいで案外楽しいですよ。

Sponsored Link

飼育しやすい熱帯魚たちの紹介

・グッピー

アクアリウムを知らない方でもグッピーという名前は聞かれたことがあるかと思います。特に雄はとても鮮やかな色彩をもっています。品種も豊富で(雌は地味ですが…)東南アジアでブリードされた外国産のもの、国内でブリードされたものが流通しています。外国産のグッピーは品種によっては若干異なりますが、値段もお求めやすくペアで500円程度でしょうか。

繁殖力がとても強く、気がつけば水槽内に『あっ赤ちゃんがいる!』ということも珍しくありません。中性~弱アルカリ性の水を好みます。大きさは5㎝程度。

・ネオンテトラ

グッピーと同じく飼育しやすい熱帯魚です!青と赤の綺麗な色彩をもっています。お値段は1匹100円程度でしょうか。群れて泳ぐと大変綺麗なので60㎝水槽ですと20匹くらいで泳がしてあげたいですね。弱酸性~中性の水を好みます。大きさは4~5㎝程度。

・プラティ

こちらも人気のある熱帯魚です!赤、黄色、白、青っぽい色彩をもった種類がいます。特に人気が高いのがミッキーマウスプラティです。尾びれにミッキーマウスのような模様が入っています。とても可愛らしいですよ。グッピー程ではないですが繁殖もしやすいです。中性を好みます。お値段は250円くらいでしょうか。大きさは5㎝程度。

・エンゼルフィッシュ

こちらもアクアリウムを知らない方でも名前を聞かれたことがあると思います!縞模様の並、黒、ゴールデン、ダイヤモンド、アルビノ等の色彩をもった種類がいます。500円玉サイズの大きさから販売されています。食欲旺盛で15㎝程度まで大きくなります。丈夫で飼育しやすのですが、成長するにつれて気性も荒くなりますので注意が必要です。弱酸性~中性を好みます。お値段は450円~1000円程度でしょうか。

ただ、ネオンテトラ等の小型魚と一緒に飼育しないほうが無難です。エンゼルフィッシュは案外口が大きく小さい魚を食べてしまいます。私も小学生の頃にエンゼルフィッシュとネオンテトラを一緒に飼っていましたが、いつの間にかネオンテトラが消えていました…「お店のおじさんは一緒に入れてもいいよ」って言ったのに…ほろ苦い失敗談です。

エンゼルフィッシュはブリードされた品種が主に流通していますが、ワイルド個体(ペルーやブラジル産)もお店によっては販売されています。派手さはないものの成長した個体は何とも言えない迫力がありますよ。ぜひお店で見てみてください。

・コリドラス

ナマズを小さくずんぐりさせたような形をしており、水槽の底面を泳ぎ、底の砂をつついている姿はとても可愛らしいですよ。名前がついているものだけで160種類もいるそうです!

ここでは入手しやすく飼育しやすいコリドラスを紹介します。

コリドラス・アエネウス 通称 赤コリ、アルビノタイプは白コリと呼ばれています。

コリドラス・パレアタス 通称 青コリと呼ばれています。

弱酸性~中性を好みます。彼らは残った餌を食べてくれることから『水槽の掃除屋さん』とも言われますが、痩せていくことのないよう専用の餌も販売されていますので与えてあげましょう。初心者の方はこのに2種類から始められると良いと思います。きっとコリドラスの持つ魅力にハマってしまいますよ!

この2種類のお値段は250円程度でしょうか。それ以外の種類ですと500円~、高価な種類ですと…数千円以上と書いておきます。

Sponsored Link

最後に

ここまで簡単ではありますが、アクアリウム初心者の方が知っておきたい水のお話と飼育しやすい熱帯魚たち(ごく1部でずが)を紹介してきました。いかがでしたでしょうか?アクアリウム初心者の方が興味をもった、参考になったと思っていただけたら大変嬉しく思います!今後も私自身も知識を深めて、皆さんに良い情報が提供できるよう精進していきます。最後までお読みくださってありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です