ハムスターの冬の飼い方は?擬似冬眠に要注意!対処方法も解説

小さなペットながら、その存在感は大きく私たちを癒してくれるハムスター

可愛らしい姿はとても微笑ましく見ていても飽きないものですね。

比較的安価で販売されていることから、「丈夫」というイメージもあるかと思いますが、実は温度変化には弱いんです。

特に気をつけたいのが

今回の記事では、ハムスターの冬の飼い方擬似冬眠になった時の対処方法についてお話していきたいと思います。

Sponsored Link

ハムスターの冬の飼い方は?

 

おそらくハムスターを飼育されている方は、上記の画像のようなケージを使用されていることが多いと思います。

気温が安定している季節は良いのですが、気をつけたいのは夏と冬。

特に冬の寒さには、極端に弱いように思います。

ケージに小さい毛布をかけてあげる、あるいはケージを段ボールで囲う、ペットヒーターを使用するといった防寒対策があります。

我が家では、ケージの中に虫かごなどの小さめなプラケースを入れてそこに綿などを入れて寝床を用意しています。

冬場は水槽などを使用するのも良いかと思います。

しかし、室温が10度を下回るようになると注意が必要です。

特に、雪が積もるような外気温ですと室内も5~7℃くらいになってしまいます。

擬似冬眠に陥ってしまうんです。

ハムスターの擬似冬眠とは?

基本的にペットとして飼われているハムスターは冬眠はしない生き物と思われます。

じゃ擬似冬眠って何?という話になるのですが、つまり低体温症を起こしている状態です。

低体温症になると、身体が冷たくグッタリとした状態になり呼吸が弱くなります。

これに気づかず放置していると、残念ながら「死」に至ってしまうことが多いと思います。

Sponsored Link

ハムスターが低体温症になってしまった時の対処方法は?

ハムスターがもしも低体温症になってしまったら、まずはタオルなどで包み、ストーブの前で撫でて身体を温めてあげましょう。

自分で水分やご飯を食べれる状態ではなく低血糖も起こしている可能性が高いです。

その場合、ハムスターの頬を上にあげる要領で砂糖を溶かしたぬるま湯を飲ませてあげます。

その際はスポイトなどがあると飲ませやすく便利です。

ある程度、砂糖水が飲めたら身体を少しずつ動かしてくれるようになると思います。

身体を温めずつ、好物のひまわりの種やドライフルーツを食べてくれるようであればひと安心でしょう。

あとは室温に注意してハムスターの動きを観察してあげてください。

最後に

今回の記事では、ハムスターの冬の飼い方や低体温症になった時の対処方法をお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ハムスターの寿命は2~3年と短いものですので、まずは病気にならないように気をつけましょう。

最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です