アクアリウム初心者が知っておきたい大切なバクテリアの存在と働き

こんにちは、masatoです!

当ブログをご閲覧くださりありがとうございます。

アクアリウムを楽しみたい!綺麗な水槽を部屋に置きたいなぁ!早く熱帯魚買いに行こう!と思っておられるアクアリウム初心者の方も多いはず。しかし、焦らないでください。それを実現させ、維持していくためにはバクテリアは大切な存在であり、バクテリアについて簡単にでもいいので知識を持っておく必要があります。

スポーツや習い事を始める場合でもある程度の知識を持って始めますよね?焦りは失敗に繋がりますので…最初は慎重にいきましょう。

バクテリアと聞くと、悪い菌?(以前に人食いバクテリアについて取り上げたテレビ番組がありましたね)、ウィルス?それって汚いものなんじゃない?…といったイメージがあるかと思います。

今回の記事ではアクアリウム初心者の方が知っておきたいバクテリアの大切さについて、またその働きついて分かりやすく解説していきたいと思います。

Sponsored Link

アクアリウム初心者はバクテリアの大切さについて知っておこう

バクテリアとは

バクテリアについて調べてみると真正細菌で、土の中や海や河川、湖、空気中など地球上の至る所に存在し、棲みやすい環境ならば増殖するとのこと。真正細菌と聞いただけでとっつきにくいですし、難しいですよね?私は生物学に詳しいわけでもないですし、何よりこの記事ではアクアリウにおけるバクテリアについて書いていきたいので、簡単にバクテリア=微生物と捉えています。

アクアリウムにおけるバクテリアの種類

主に2種類あります。

・好気性バクテリア(濾過バクテリア):有益なもので、大量の酸素を好みます。ニトロソモナス、ニトロバクター等(名前まで覚えなくてもいいと思います)。

・嫌気性バクテリア:酸素を好みません。ただし増えすぎると有害物質を出すこともあります。

アクアリウム初心者の方はまず好気性バクテリアを増やすことから始めましょう。以前の記事で紹介した生物ろ過に欠かせない存在です。

Sponsored Link

バクテリアの働きについて知ろう

好気性バクテリアを定着させるには?

①水中に充分な酸素があること

②棲みやすい場所があること(ろ材、流木、石や底床等)

③適度なPHであること(6.5以上。酸性に傾くとバクテリアの活動が弱まる)

④餌(アンモニアや亜硝酸)

これらの条件を知っておきましょう。

好気性バクテリアの働きについて

熱帯魚たちも餌を食べて糞をします。食べ残した餌や排泄物に含まれた有機物により、水中にアンモニアNH3(熱帯魚たちに非常に有害)が発生します。その後、期間2~3週間程度はかかりますがバクテリア(ニトロソモナス)が発生しアンモニアを分解してくれることで、亜硝酸NO2(有毒だがアンモニアより弱い)に変え、さらにバクテリア(ニトロバクター)が発生し亜硝酸を分解してくれることで、硝酸塩(熱帯魚たちに害は少ない)へと変えてくれるのです。

またアンモニア、亜硝酸、硝酸塩の濃度を測る用品もありますので紹介しておきます。

・テトラテスト 試験紙 アンモニア :1500円程度。

・テトラテスト 亜硝酸試薬NO2- :1200円程度。

・テトラテスト 試験紙NO3-硝酸塩 :1000円程度。

あると便利な用品なのでなるべく用意しておきましょう。

 

餌や排泄物→アンモニア→亜硝酸→硝酸

好気性バクテリアが上記のものを食べてくれることで水槽内に…

非常に有毒→有害→比較的無害→熱帯魚が棲みやすい環境というサイクルが発生します。

好気性バクテリアがよく働いている水槽は水の透明度が高く、熱帯魚も活き活きと泳いでくれますし、健康に飼育することや病気の予防にも繋がります。

以前の記事で用意するべき用品で『濾過器』『ろ材』について紹介しました。これらの2つの用品に好気性バクテリアが棲みつくことで生物ろ過というものが出来上がります。

私は熱帯魚を飼育することは同時にバクテリアを飼育することと考えています。

彼らの働きによって綺麗な水槽が観れる=アクアリウムを楽しめる とてもありがたい存在ですし、アクアリウム初心者の方にも良い循環が生まれますよね!ぜひバクテリアたちに頑張って活躍してもらいましょう。

最後に

今回の記事では、アクアリウム初心者の方のためにバクテリアについて分かりやすく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?「市販のバクテリア剤の話はないの?」という意見もあるかと思いますが、何より初心者の方にはバクテリアについて知ったうえで市販のバクテリア剤を購入していただくことが、アクアリウムを上手に始めていくことができると思っていますので今回の記事では控えさせていただきました。次回の記事で私がお勧めするバクテリア剤を紹介したいと思います。

今後も私自身ももっと知識を深めて皆さんに良い情報が提供できるよう精進したいと思います。最後までお読みくださってありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です